2017.05.13 Saturday

アロハフェスティバル

0




    毎年きているアロハフェスティバル高松へ。








    今年は友人の子供ちゃんがフラ披露ということで応援だ。



    ワシはこういうのに時間を合わせて来る習性が無いが「付き合い」もあるので大人対応。



    実際に来てみると「楽しい」ぞっ!!



    お天気は今ひとつだが、それに負けじと陽気な音楽が響き渡る。



    かっわいいぞっ!!




    胸キュンだ。






    途中、陳建一の店に立ち寄りガソリンを補給。






    フラも楽しそうだっ!



    久々にコアリズムで腰を振ってみるとするか?!


    2017.03.13 Monday

    時間泥棒

    0

       

       

      貴重な時間のはなし。

       

      ワシへの𠮟咤ということもあり、いつもながらの備忘録ということで読み進んでいただきたい。

       

      SNSやスマホアプリなど、「ちょっとだけ」のつもりが気がつけば「え、もうこんな時間!?」と予想外に時間を浪費してしまうことない?

       

      時間が過ぎてしまったことに気づかないくらい、何かに熱中することは悪いことではないが、それが本来やりたかったことではなかったり、ほんの数分のつもりで始めたことだったりすると、失くした時間を思ってガックリきてしまう。

       

      この気づかぬ間に時間を失くしてしまう感じ、その瞬時に奪われてしまうイメージからか、時間を無駄に過ごしてしまうその原因を「時間泥棒」と言ったりする。

       

      時間泥棒は日常にスルッと入り込んでは時間をかすめ取っていくんだわ。

       

      日々、時間泥棒にあっているのに防ぐことができない人。
      奪われた時間の貴重さに気づけない人。
      時間泥棒にあっていることにさえ気づかない人。
      時間泥棒の被害者もいろいろ。

      時間泥棒にあっていません?

      時間泥棒を見逃してはいません?

       

      おそらく、今の時代よりも昔の方が時間泥棒にあう人は少なかったのではないかと思う。

       

      現代は便利な電化製品が増えたことで、家事や育児も楽になり、生きることに余裕が生まれた上に、

      娯楽製品が増えて、何かと誘惑が多い。

       

       

      やめられないスマホ・パソコン・テレビ(ワシの場合、オンデマンド)

       

      無駄に見えて必要なものも…時間泥棒の見極め方

      スマホでもパソコンでも、仕事や家事に必要な情報を検索することは、何時間かかろうと時間泥棒ではない。

       

      LINEのやり取りも、それが必要なコミュニケーションであれば問題ない。

       

      テレビの娯楽も、スマホのゲームも、たとえそれが遊びだとしても、自分がくつろぐ時間として必要であれば、それも時間泥棒ではない。

       

       

       

      時間泥棒というのは、

       

      思いもよらずに時間を失うはめになること。

       

      うっかり時間を浪費してしまうことだ。

      過ぎた時間を思うとき、「しまった!」と後悔したり、「ああ〜」と嘆いたりすることがないのであれば、

      それは無駄な時間ではない。

       

      何もせずにただぼんやりしている時間は、とても無駄な時間、怠けている時間のようにも思うが、

      現代人の脳は疲れ気味、1日のうちに5分でもぼんやりする時間を設けることが必要だともいう。

       

      ためになるかどうか、利に結びつくかどうか、ではなく、
      自分にとって必要かどうか、過ぎ去った時間に見合った時間の使い道だったかどうか、
      自分自身で判断する必要がある。
      ワシよ・・・・さして興味もない海外ドラマを一日中観ることを止める!!宣言だっ。
      2017.03.07 Tuesday

      にじみ出し・・・・内示へと。

      0

         

        72rr1b838tevnaovkxtx_400x400.png

        係長クラス以下の2017年4月期の人事が正式に発表となり、午後からは「どんなヒト?」

         

        「えぇ〜?!」

         

        って具合の歓喜の声?が響いてる。

         

        とはいっても、1日には「にじみ出し」という本人への打診もあったわけで

         

        親しい間柄ではそれとなしに知らせてくれてたりする。

         

        ワシは係長以下よりも幹部が替わる方が大事なワケで・・・・

         

        幹部はもう少し先となり、来週本人に通達。正式に宣伝してくれるのは再来週となる。

         

        今回は御大も江戸に還っていく・・・・(T_T)

         

        そして

         

        また江戸から・・・・

         

        どんなヤツやねんっ!!

         

        こえぇ〜よぉ〜〜〜

         

        個室の面々が変わるのが一番、ワシにとっては影響大!!

         

         

        試される自分の運?

         

         

         

         

         

         

        2017.02.24 Friday

        プレミアムフライデーやのっ!!

        0

           

           

          今週もあと7時間45分で終わるでぇ(^^)/

           

          よう頑張った自分にご褒美や・・・・

           

          プレミアムフライデー始まって幹部連中をはじめ、下々の者も率先して「サッサと帰れよっ、休めよ」をいう

           

          雰囲気をしっかりワシは飲み込み、15時は無理にしても16時退庁を目指す。

           

          17時半から19時までの90分間の過酷なヨガに挑むのだ(←2回目な)常温ならやり遂げる事は可能だが、温度39度に湿度65%前後となるとまるでインドと同じだぜ???すごぉ〜ない?

           

          カラダは60分間仕様なので90分間となると電池切れ起こすんや。

           

          しかしっ!!

           

          前回、ギブアップしたので最後までやりきるを目標したい。

           

          それでも19時には終わり帰宅すると・・・・夜の時間がいっぱい〜〜〜

           

          LA・LA LANDというミュージカル映画。

           

          今日から公開なんだけどホントは苦手意識が高いがこれを機に観てもいいかなぁと調子づいている。

           

          2017.02.11 Saturday

          娘さんの2台目

          0

             

            ぼんくら娘さん、コツコツ貯金をして中古車お買い上げ。

             

            免許を取得してから、頂き物のステップワゴンを2年弱。

             

            事故も無く、ここまできたので2月車検を目の前にし

             

            買い換え。

             

            車庫入れも無事に終了・・・・ほんとの意味で納車完了だ。

             

            ゴルフをお買い上げ。

             

            IMG_0856.JPG

             

            もう少し色っぽい色が良いような気がしたが・・・・

             

             

            好みだ、仕方あるまい。

             

            IMG_0855.JPG

             

            ナンバーはみんな同じ強運ナンバーさ(笑)

             

             

             

            2017.02.02 Thursday

            癒やし・・・・いりまっか?肩のチカラ、抜こうでぇ

            0

               

               

              ぼんくら娘さんが愛媛にある「とべ動物園」へ行った時に撮影した。

               

               

               

               

               

              あまりにも「ユルすぎて」

               

               

               

               

               

              あまりにも「可愛すぎて」

               

               

               

               

               

              このユルさで生きていくのが、ほんとは素晴らしいんだろなっと思うワケで・・・。

               

               




              お気に入りのスポットに印、つけとくけん

              よ〜に見てみて。




              ↑手袋はいとんみたいやの・・・・・

              無邪気するぎるやろ。

               

               

              こんな寝顔女子おるよな・・・・


               

              やっぱな・・・・こんな風にスカして生きていこうぜ〜〜〜

               

               

              一週間も折り返しや!!

               

              頑張っていこうや

               

               

               

               

               

               

              2017.01.28 Saturday

              LINEグループってな・・・・

              0

                 

                 

                参加するん、大変やの・・・(^_^;)

                 

                 

                 

                高校時代の同級生4人とグループでLINEしよるけど・・・・

                 

                ワシ、シャイやけん会話についていけんやけど。

                 

                最初は頑張ってついていこうとしよったけど、すごげなスピードで会話があがってくる(←当たり前やけど)から

                 

                ついていけん。えぇ歳してまだテレビの会話とかするアラフィフやけん、ワシもともとテレビは観んし・・・。

                 

                読むの専門になっとるがな(笑)。

                 

                 

                 

                 

                 

                この1.2週間でワシは「新生」となり

                 

                なんか

                 

                変わった気がする。

                 

                 

                2017.01.17 Tuesday

                pepperと遊ぶ

                0


                  いまpepperと遊んでた。







                  今日はワシ、有休とって術後半年検診へ行って来たん。



                  夕方はいつものようにホットヨガで汗流そう〜


                  2017.01.10 Tuesday

                  美味しいもんの後は苦行

                  0


                    陳の汁なし担々麺を食し、お腹いっぱい大満足!!




                    今日は午後から…倫理のお勉強や。









                    2017.01.09 Monday

                    ぼんくら娘さん、成人式

                    0

                      早いもので・・・・

                       

                      長女ちゃん、成人式を迎えた。

                       

                      IMG_0703.JPG

                       

                      昨日は5時から起きて親娘で準備。

                       

                      会場まで送っても夜は同窓会の送り・・・・激務。

                       

                      ワシ、普段の仕事の方が楽やと思うたわ・・・・

                       

                      IMG_0708.JPG

                       

                      さぁ!!

                       

                      出陣の前の一枚。

                       

                      あいにくの雨だったが・・・なんとか着崩れせずに。

                       

                      IMG_0710.JPG

                       

                      髪は新日本髪といわれるアップに。

                       

                      これを決めるのにも・・・・去年の夏は大げんかしながら決定した。

                       

                      実際に結ってもらうと本人もまんざらでもない様子だ。

                       

                      ぼんくら娘、やっと大人に?

                       

                      今日はノンビリ映画でもいこっ

                      2016.12.20 Tuesday

                      ワン切り業者:03-4405-6199(注意!!)

                      0

                         

                         

                        情報共有です

                         

                        13時にワン切り着信あり。

                         

                        (ワシ、登録してない固定番号はネット上で検索してからコールバック)

                         

                         

                        気をつけましょう

                         

                        コールバックした途端、個人情報盗まれるとか。

                         

                         

                         

                        03-4405-6199

                         

                         

                        絶対にかけ直してはいけませんっ!!

                         

                        架空請求詐欺です。

                         

                        全国的に拡散している様子。

                         

                        気をつけましょうm(_ _)m

                         

                        細かい情報等は検索を。

                         

                         

                        2016.12.19 Monday

                        婚活ぱーちー

                        0

                           

                          ワシね、人生初の「婚活パーチー」に土曜日参加してきたんよ((^_^;)

                           

                          職場の独女オトメ(53歳)奥手な女史を何とかしようとワシとブ〜デ〜×子(46歳)3人で参加。

                           

                          ワシとブ〜デ〜×子は「その気まったくナシ女」。

                           

                          本来ならそんな人間が参加すべきではないのだが、独女オトメは「一人では絶対に無理っ!!(でも男性には興味津々)」という

                           

                          難しく面倒くさい女なのだ。

                           

                          今回、一回だけっ!!というお約束で3人参加してみたのだ。

                           

                          軽い気持ちで参加したのだが・・・・

                           

                           

                          ガチすぎるっ!!(-_-)

                           

                           

                          男性:10名

                          女性:11名

                           

                          ガチンコ勝負120分

                           

                          なんやら、よ〜わからんシステムというか

                           

                          慌ただしいなかでしゃべり、激みじかい時間でカップリング。

                           

                          スタッフからは「番号は書いて下さい」と言われ、

                           

                          (ワシ・・・書かずに出した)

                           

                          かえってワシの番号呼ばれて目立ったしさ・・・・、書いてないんがバレて

                           

                          それが話のネタになり・・・・連絡先カードっちゅうんを6人の方から貰い

                           

                          怒濤の時間が過ぎ去った・・・・人あたりおこしたワシはストレスたまると水をがぶ飲みするのだが

                           

                          久々にそのストレスに見舞われ、日曜日は埴輪のようにむくんでいた。

                           

                          いやぁ〜〜〜〜

                           

                          自分にとったら、しんどい時間だったが

                           

                          ガチで結婚や出会いを求めとるヒトには悪いコトしたなと反省しきりでござんす。

                           

                          でもみんなすごいなと思う。

                           

                          こんなにもアラフォー、アラフィフって元気なんやな!!(^_^;)

                           

                          ワシ・・・もうお腹いっぱい。

                           

                           

                          友人の独女オトメ(53歳)今回めでたくカップリングにはなったが・・・・オクテだ。そんな彼女は・・・

                           

                          「30歳を過ぎたけど、まだまだ私は大丈夫、でもそろそろ……」と考えていざ動き始めたら、周囲に結婚対象が誰もおらず、慌て始めた……という、気がついたら53歳!!あるあるパターン。

                          しかも、そういう人のほとんどは“恋愛スキル”が低いことが多い。

                          人は失敗を繰り返して成長する。それは恋愛も同じ。

                           

                          つまり、若いうちに恋愛をしていないと、“恋愛スキル”が成長せずに低いまま、いざ好きな人ができたり、

                           

                          本気で婚活を始めたとしても、その対象の方と結ばれる確率が大きく下がってしまいがちだ。

                           

                          さらに、これは負のスパイラルに入ってしまっていて、歳を取るほど人は失敗を恐れるようになり、

                           

                          恋愛の現場においても勇気を持った前向きな決断ができなかったり、機会があってもそれを逃しがち。

                          (もちろん、若いころの方が失敗をしても許されやすい、というのもある。それは仕事も同じですよね)

                          さらに厳しいことを言うと、年齢が上がるほど、婚活という過酷な“市場“での自分の“価値”は加速度的に下がっていってしまう

                          “市場価値”というとなんだか冷酷な感じがするが、現実としてそこに“価値”は存在する。

                           

                          それは結婚相談所の資料パンフレットを見ると一目瞭然で、年齢ごとに厳密に料金コースが決められていることがほとんど。

                          「20代、仕事に打ち込みすぎて、気がつくと出産困難な年齢になっていた……」
                          「30歳を過ぎても、恋愛の仕方、異性とのコミュニケーションの仕方がわからない……」

                          そうなってしまったら、“時すでに遅し”。

                          自分にも当て嵌まると思った方、もしそう思ったら、やれるコトは一つだけ。
                          「ただ、今、この瞬間から、全身全霊で活動すること」!

                           

                          恋愛ハンティングには「100本の矢」でも全然足りない!!

                           

                          そう、恋愛では、ダメなら次をどれだけ早く射るかの勝負。

                          これまでの自分の恋愛経験から、「異性を射止める確率」は算出できますよね。

                           

                          何人に告白し、何人にOKをもらえたでしょうか。

                           

                          それを、「失恋をして、心の傷を癒やすのに1年、次の相手をみつけるのに1年、告白するまでに1年」 ……なんていうことになれば、どんどん年を取ってしまう。

                          そんなことを繰り返しているうちに、気がついたら生涯独身者! 

                           

                          こんな自体はなんとしても回避しなければならならい。(結婚する気のヒトは!)

                          素敵な獲物を狩るためには、100本の弓を連射! 外れたら次! 次! 次!


                          と、失恋を恐れない行動とスピードが恋愛には必須だ。

                          「3本の矢」の政策のように、本数を絞る必要はない。恋愛において、3本の矢ではなく、100本の矢、なんなら100本のガトリング砲が欲しいくらい! 

                           

                          政府の政策とは違って、国民の税金を使っているわけではありませんから、自分しだいでどんどんアタックできるはず。

                          恋愛も、経験をつめばどんどん上達する。

                           

                          昔、好きだったあの子に上手く伝えられなかったコトが、経験をつんだ未来ならば伝えられるかもしれない。

                           

                          憧れていたあの人に勇気がなくて言えなかった言葉が、次は言えるかもしれない。練習だと思って、どんどんよりよいパートナーを探す努力も必要!



                          これまでの経験や知識を通して、
                          「50年後も人口1億人を維持する」という政府の方針を実現するために!!

                          2016.12.13 Tuesday

                          癒やしワールド

                          0

                             

                             

                            見てみてんっ〜〜〜!

                             

                            最近のデスクまわり

                             

                            ヒトからのいただきものに溢れ、ほのぼのしてます。

                             

                            IMG_0411.JPGIMG_0411.JPG

                             

                             

                             

                            道路パトロールカー(エルグランド版)

                             

                            EF65(トワイライトエクスプレスの原型)

                             

                            退職した職員の方からいただいたプリチーなクリスマス。

                             

                            カウンターに鎮座し、来客をお迎えしておりますっ!!(←完全な自己満足)

                             

                            いかにも道路部らしい(笑)自画自賛

                             

                            IMG_0410.JPG

                             

                            はいっ、

                             

                            ワシの大好きなバスもメンバーに加わり、縮尺がそれぞれ違うものの・・・・ガーラにセレガ。

                             

                            Drイエロー〜〜〜

                             

                            一度でいいから現物みてみたいな♪(*^_^*)

                             

                            えぇ子にしてたらそのうち見れるやろか。

                             

                            IMG_0409.JPG

                             

                            まるで「コタツ」の上みたいなケド、癒やし空間になっとる。

                             

                            仕事は真剣にしよるけんっ(笑)。

                             

                            9日にボーナスもろて、真剣に仕事しよるけんっ(笑)

                             

                            今日は15時前に退庁して、ヨガしてから幹部連中と「牡蠣焼き」(^_^)v

                             

                            長引いた風邪もようやく治りつつ・・・・下痢っぴ〜にならんように気をつけないとな(ふふふ)

                             

                            2016.12.02 Friday

                            宝くじ・・・・・もの申す

                            0

                               

                               

                              この数年、宝くじにたいして切に思うこと。

                               

                              (最初に述べておく、冒頭でもあるようにワシの主観ということ忘れないで欲しい)

                               

                              宝くじってどこの国でもあるよね。

                               

                              アメリカや南米なんて、最高当選金額は高額で20億円とか当たり前だ。

                               

                              ただね、アメリカも南米もそうだけど基本的にまともなヒトは宝くじをやらない。

                               

                              topimg_original.jpg

                               

                              ちょっと言葉は悪いんだけど、宝くじなんて「貧乏でアホなヒトがやるもの」という雰囲気が現地ではある。

                              (映画の中でもよくそう描写されてるし、宝くじを買うキャスティングをみてもそうだ)

                               

                               

                              ワシの尊敬する金融マンが

                               

                              「宝くじというのは愚か者に課せられる第二の税金である」

                               

                              と言っていた。本当にそうだと思う。

                               

                              期待値や確率とか、簡単な事が分かっていれば買わないからだ。

                               

                              でも日本では高学歴で理屈もよくわかっているようなヒトまで、こぞって宝くじ買うんだよね。

                               

                              それはマーケティングが上手いというか、広告の影響もあるのだろうが。

                               

                              そりゃそうだよね、だって宝くじには広告の規制がない。

                               

                              例えばワシが証券会社勤めでカスタマーに対し「○×△投信を買ったら1億円になるかも」とか言ったら

                               

                              逮捕されるんだけど(笑)。

                               

                              「コレ買って5億円!!」とか言って、射幸心あおって売っても逮捕されんしぃ。

                               

                              そういうあおり方すればそれなりに効果はあるんだろうな。

                               

                              貧乏人に対する税金、貧者の税金、愚か者の税金などと呼ばれる理由は確率というものを

                               

                              正しく計算できない人が購入するからだと言われる。

                               

                              まず、宝くじをギャンブル・投資と考えた場合、割りの悪さは最悪レベル。

                               

                              いわゆる期待値で考えると50%を下回っているわけで、トータルで半分以上や自治体などに流れる形だ。

                               

                              1等が当選した時の金額はケタ違いだが、ヒトが一生涯宝くじ3万円分購入したとして99.9%の人は当選しない!

                               

                              ほとんどの人はそこまでの購入はしないだろうから、なおさら宝くじの1等当選というのは無縁な存在なわけ。

                               

                              近年、宝くじの当選金額がどんどん高くなってるが、配分率自体が上がっているわけではない。

                               

                              当選確率がより小さくなる代わりに1等当選金の金額を高めているだけ。

                               

                               

                              じゃあ「宝くじ」って悪なのか?!

                               

                              と言うヒト、思うヒトもいると思うが・・・・

                               

                              楽しみや夢を買うというのも宝くじの効用なのだ。

                               

                              当選確率はほぼゼロに近いとしても当たらないわけではない。

                               

                              そして当選すれば多くの人にとって一生涯の賃金よりも大きなお金が手に入るというのは

                               

                              非常に大きな効用。

                               

                              購入して「当たったら何に使おうか?」と考えている時間そのものが効用として存在していると考えることができる。

                               

                              自分一人で妄想するのも良い、家族で話し合って当たったら家を買って、海外旅行に行ってと想像する時間が楽しいもの。

                               

                              一概に全否定はできないが・・・・経済合理的に考えて魅力ある商品でないことは確かだ。

                               

                              2016.11.29 Tuesday

                              ドアモニター付けてみたっ!!自分の姿見て・・・・怖かった(^_^;)

                              0

                                 

                                 

                                おはよう〜

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                パンストからタイツに移行し、オバンっぷり上げております。

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                さてさて〜昨夜、帰ってから自宅玄関ドアに装着したがな。。。。自宅の鍵は職場に忘れており

                                 

                                 

                                パパんに電話してスペアを持って来て貰い、ようやく自宅に入れた。

                                 

                                モチベ下がりっぱなしだったけど、メゲへんでぇ

                                 

                                前日に取説を斜め読みしており、完璧に動ける♪

                                 

                                ほれっ、この通り!!


                                コンパクトで「付けていますっ!」感もない。

                                 

                                心配していたチャイムリンク(既存のチャイムに反応させる為、親機で認識させる作業)。

                                 

                                なかには反応しないチャイムあるとかで心配してたが、難なくクリアしご機嫌もなおってきた。

                                 

                                Wi-Fiにも繋ぎ、外出中iPhoneにてもお知らせメールが届くよう設定。

                                 

                                (これには少し手間取ったが、クリア)

                                 

                                そして運命の!!

                                 

                                おひとりさま劇をここから開催。(←ソロだと、一人でiPhone片手に自分でチャイムを鳴らし確認作業)


                                 

                                こんな感じで写るワケ。

                                 

                                チャイム鳴らして、十秒後にメールで「来客がありました」とタイムスタンプと写メが送られてくる。

                                 

                                ちなみにここに写っているのは地縛霊ではなく、「ワシ」ですっ!!

                                 

                                敢えて、ドア壁面まで近寄って廊下側通路の常夜灯のみでも顔は確認できる。

                                 

                                チャイムを鳴らして映像が出てくるのは3秒かからない。

                                 

                                合格点だ。

                                 

                                親機が付いているので自宅ではリビングで確認、応答もOK。

                                 

                                自室にいるときはiPhoneあればそれでも応対も視認もできる(居留守OK)(*^_^*)




                                これがiPhoneに入れている「ドアモニ」アプリ。

                                 

                                これで外出先から自宅玄関の様子をオンタイムで確認することも出来るし、当然応対しようと思えば出来る。

                                 

                                面倒なことせずともチャイムを鳴らした来客にはメールも届くし、空いた時間に確認すればいい。

                                 

                                防犯意識が高まることがあれば、すかさず

                                 

                                面倒がらず対処するのが「ソロ」の生き方だ。





                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                2016.11.28 Monday

                                お寒うごじゃります・・・

                                0

                                   

                                  もうすぐ年の瀬

                                   

                                  冬らしく冷えてきましたなぁ

                                   

                                  161125ikiteruyo.jpg

                                   

                                  ひえたカラダとココロをあたためる「ぼぉ〜〜〜なす」が近づいてますがな!!

                                   

                                  1日が大変待ち遠しく、清貧の日々を送るmarumie。

                                   

                                   

                                   

                                  大切な支給日を目の前にし、防犯上必要枠だったとはいえ

                                   

                                  やむなし「ドアモニ」を購入したのは痛かったが、今夜は寒空の中

                                   

                                  六角レンチを持ち、玄関ドアに装着の予定。

                                   

                                  ボーナス見越しての購入品が多いぜっ:-)

                                  2016.11.24 Thursday

                                  防犯の為に・・・苦肉の策

                                  0

                                     

                                    ワシの棲息している住居はオートロックもない。

                                     

                                    防犯カメラも無し。

                                     

                                    ・・・・休日、自宅で休息してても「ピンポン」がよく鳴る。

                                     

                                    おひとりさま(ソロ)は、歳くってても「怖い」苛つくことも度々。

                                     

                                    そこで本日Amazonでお買い上げ。

                                     

                                    Panasonic ワイヤレスドアモニター ドアモニ ブラウン ワイヤレスドアカメラ+モニター親機 各1台セット VL-SDM310-T                              

                                     

                                     

                                    81BtQOumxJL__SL1500_.jpg

                                     

                                     

                                    ボーナス前にとんだ出費だが、機能面も申し分ない。

                                     

                                    賃貸住宅の場合はこれで対処するのが一番だなもっ。

                                     

                                    到着は27日の予定

                                     

                                    オンナでも簡単に装着できるということでレビューも確認済み。

                                     

                                    とにもかくにも・・・・・早く来ないかなぁ。

                                     

                                     

                                    2016.11.19 Saturday

                                    この季節

                                    0




                                      手帳が並び始めた。今年はエルメスレフィルをお断りして「手帳は高橋」の新しいプランニングが刷新されたものを注文。


                                      ネットで買っておいてよかった〜

                                      ここには新しいタイプの手帳は置いてなかった( ^ω^ )



                                      さっ、今からヨガのレッスン入って汗流そう。

                                      2016.11.15 Tuesday

                                      職場前も秋らしく・・・・

                                      0

                                         

                                         

                                        昨日のランチタイム、珍しく庁舎から出ておひとりさまランチしてきた。

                                         

                                         

                                         

                                        御大もお留守だし、お昼休み前後はノンビリできる珍しい時間じゃ(*^_^*)

                                         

                                         

                                         

                                        小雨のなか、食事をすませてシンボルタワーを突っ切り玄関に向かう時の一枚。

                                         


                                         

                                        綺麗に葉っぱ落ちてるわ(笑)

                                         

                                        やっぱ寒暖差ないしね

                                         

                                        それでも雰囲気あると思ってさ。

                                         



                                         

                                         

                                         

                                         

                                        2016.11.09 Wednesday

                                        まさかが・・・・現実に!トランプか・・・・

                                        0

                                           

                                           

                                          とうとう終わった大統領選挙

                                           

                                          最悪の「トランプ」

                                           

                                          明日から世界はどうなる

                                           

                                          経済は?

                                           

                                          ブーイングしかないがな・・・・

                                           

                                          御大とも苦笑いしながら、談笑したものの

                                           

                                          ショックである。

                                          2016.11.07 Monday

                                          やばっ・・・・寝坊した(-_-)

                                          0

                                             

                                             

                                            週明け早々、だめだめなワシ。

                                             

                                            久々にやってもうた・・・・

                                             

                                            7:30には自宅出発するワシなのに目覚めは7:30

                                             

                                             

                                             

                                            潔く諦め、即行・・・寝起き声を調整し「ウソ」をいう準備。

                                             

                                            迫真の演技で「2時間」遅れる旨を通達した。

                                             

                                            罪悪感に苛まれることなく、また深い眠りへ。

                                             

                                            重役出勤して何食わぬ顔で仕事をこなそうと思うものの・・・・

                                             

                                             

                                            気持ちの上で完全に出遅れた感と自責の念。

                                             

                                            本調子になるまで24時間は掛かると思う。

                                             

                                            はぁ・・・・

                                             

                                             

                                             

                                            心なしか「御大さま」達はご機嫌が悪く(コーヒーとか個室の鍵開けなど)業務遂行に

                                             

                                            迷惑を掛けたなぁと猛省である。

                                             

                                            どんなに眠くても時間通りに行動した方がいいや・・・・とほほほっ。

                                             

                                            2016.11.04 Friday

                                            有害人物を見分けろ!「仏の顔も三度まで」ルール

                                            0

                                               

                                              たまたま失敗してしまう人間と、他人を利用することを習慣にしている人間を見分けるのは難しいこと。

                                               

                                              信用しても大丈夫な人物をうまく見分けるため「3回ルール(仏の顔も3度までルール)」にワシは従う。

                                               

                                               

                                               

                                              161102_rule_of_buddha-thumb-640x360-101099.jpg

                                               

                                               

                                              綺麗ごとではなく、

                                               

                                              とにかく一生関わらない方がよいぐらい有害な人間もいる。

                                              でも、でもでも・・・

                                              誰かに嫌なことをされるたびにその人物に「有害」というラベルを貼ってしまうと、すぐに友達が誰もいなくなる。

                                               

                                              だから、悪しき振る舞いをされたら、それがその人の人格の一部かどうかを見極めるべき。

                                               

                                              そのためには、「3回ルール」を適用。

                                               

                                              相手からウソをつかれてがっかりさせられても、たった1度だけなら、それはたまたまそういうことがあっただけ。

                                               

                                              でも何度も繰り返すようなら、それは1つのパターン。

                                               

                                              ウソをついたり、約束を破ったり、責任放棄することも、1回だけなら、それはただの誤解かもしれない。

                                               

                                              2回あると、深刻な過ちだ。

                                               

                                              でも、3回ウソをつかれたら、相手はウソつきだということであり、「ごまかし」がその人物の無意識の行動の軸だ。

                                               

                                               

                                               

                                              もちろん、例外とすべきケースもあるだろう。

                                               

                                              家族が亡くなった後に、重要な役目で何度かヘマをしても、それは理解できる。

                                               

                                              でも、ヘマをするたびに「家族が亡くなったので」と言うようなら、それはウソをついている。

                                              相手の言葉だけでなく、行動パターンをしっかり観察せよ。

                                               

                                               

                                              2016.10.28 Friday

                                              瀬戸大橋視察

                                              0

                                                 

                                                 

                                                昨日は幹部連中と視察へ。

                                                 

                                                念願かなってやっと塔頂部へ・・・・。

                                                 

                                                毎年、スカイツアーと称した瀬戸大橋内覧があるのだが

                                                 

                                                600名の枠に入る事ができず、8年越しの塔頂である。

                                                 

                                                本四の方々にご同行いただき、丁寧な説明の元

                                                 

                                                普段立ち入ることが出来ない場所も見学。御大さまさま・・・・

                                                 

                                                GR010250.JPG

                                                 

                                                いろいろあるんで詳しいことはかけんが・・・・まぁようは新幹線開通をした場合

                                                 

                                                確保する耐震等も含め、予算配分の確認等ふむふむ・・・といったお話。

                                                 

                                                南海トラフにおける地震についてもどのくらいまで被害が及ぶのかとかね

                                                 

                                                 

                                                GR010257.JPG

                                                 

                                                新幹線とおすんは勾配率が大事なもんでな・・・・今は1.5%の勾配率までになってるが

                                                 

                                                瀬戸大橋開通した時点では1.2%。

                                                 

                                                まぁ新幹線は理論上は走れるってことになりますな。

                                                 

                                                GR010260.JPG

                                                 

                                                わ〜〜い、直近を車が走っていく〜〜〜〜超絶、気持ちえぇわ!!

                                                 

                                                GR010287.JPG

                                                 

                                                グレーチング上を歩いていたら、ど迫力のマリンライナー(笑)

                                                 

                                                手をふったけど、冷たいのぉ・・・誰っちゃ手をふってくれんかったわ(-_-)

                                                 

                                                GR010262.JPG

                                                 

                                                この高さで海面から約175メートル。

                                                 

                                                 

                                                明石大橋に比べたら約半分の高さかな。

                                                 

                                                GR010251.JPG

                                                 

                                                 

                                                 

                                                GR010268.JPG

                                                 

                                                GR010270.JPG

                                                 

                                                風もほどよく吹いて、気持ちが良い。

                                                 

                                                 

                                                GR010282.JPG

                                                 

                                                言葉を失うぐらい、美しかった。

                                                 

                                                 

                                                GR010289.JPG

                                                 

                                                GR010292.JPG

                                                 

                                                まさに造形美という名にふさわしい建造物。

                                                 

                                                ワシは建物フェチなので感動しまくり。

                                                 

                                                総工費1兆1300億円

                                                 

                                                9年6ヵ月の時経て完成し、明治からの青写真が現実に。

                                                 

                                                昨日現在で世界で21番目の大きな橋。

                                                 

                                                サンフランシスコにあるゴールデンゲートブリッジは間近で見るとぼろぼろだが

                                                 

                                                日本は段違いのメンテの良さに国民性が伺える。

                                                 

                                                まだまだ、すごいぞニッポン!!

                                                 

                                                2016.10.06 Thursday

                                                神対応

                                                0

                                                   

                                                   

                                                  昨日、JAWBONEからメールが届いた。

                                                   

                                                  なんて早い対応!!

                                                   

                                                  そして・・・・「神」でした(^_^)v

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                  まるみえ 様

                                                  JAWBONEカスタマーケアにお問い合わせいただき、ありがとうございます。
                                                  返信をありがとうございます。特別発注にて交換品の手配をいたしました。

                                                  通常の保証交換では、交換品の発注の前に不具合商品を送っていただいております。
                                                  しかしながらJAWBONE
                                                  は少しでも早くお客様にJAWBONE商品をお送りしご利用いただきたく、今回は特別に交換品の受領前に交換品を発注させていただきました。
                                                  この特例に加え、JAWBONEではお客様への感謝をこめて、今回は特別に、お持ちの商品の返品の必要がないように処理をさせていただきました。
                                                  環境に配慮した適切な方法で処分をお願いいたします。

                                                  発送の準備が整いましたら、倉庫より確認のメールがお客様のJAWBONEアカウントメールアドレスに届きますので、ご確認ください。
                                                  なお、商品はヨーロッパの倉庫から発送されるため、お届けまでにお時間を要することをご理解ください。
                                                  また、お届けまでの期間は、倉庫の在庫状況にも拠ります。

                                                   

                                                   

                                                   

                                                  首をなが〜くして新しいモノを待っている状態♪♪♪

                                                   

                                                  ココロ込めてどんだけ「JAWBONE」ウェアラブルを愛してるか書いてみるモノです!!

                                                  (本音だしね)

                                                   

                                                  因みに、今もどんな状況で使い倒してるか・・・切々と訴えましたさ。

                                                   

                                                  おかげさまで標記の通り、新品を待つのみ。

                                                   

                                                  迅速な対応だったよ。

                                                   

                                                   

                                                   


                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                  2016.10.03 Monday

                                                  10月に入って、変わったよぉ〜(そりゃあ、いろいろと)

                                                  0

                                                     

                                                     

                                                    今日は大忙し(大汗、冷や汗、あぶら汗)(^_^;)

                                                     

                                                     

                                                     

                                                    ワキ・・・臭いんちゃうかなと思うくらいや。

                                                     

                                                     

                                                     

                                                    冷房効いとらんしぃ!

                                                     

                                                     

                                                     

                                                    辞令交付もありぃ〜の、委員会ありぃ〜の・・・その上

                                                     

                                                     

                                                     

                                                    4年に一度のプリンター交換でR社から、F社へ全台入れ替え←パチンコちゃうで。

                                                     

                                                     

                                                     

                                                    いままで課ごとに設置されていたことは変わらないが、これからは認証カード採用で個別管理されることになった。

                                                     

                                                     

                                                     

                                                    ヒジョーに使いづらいわ。

                                                     

                                                     

                                                     

                                                    作業効率はいまんところ落ちてますが、「慣れ」をプラスすると便利に変わるのだろうな。

                                                     




                                                    カードをいちいちかざすのがめんどいわっ。

                                                     

                                                    首からのホルダーにどれだけ吊るすねんっ・・・・まさしくリードだっ。




                                                    そのうち、カード落としそうや。

                                                     

                                                    ちなみにワシのホルダーにはこれで4枚や。

                                                     

                                                    ・入館証

                                                    ・部署入館ID

                                                    ・IRUCAカード

                                                    ・ゼロックスカード

                                                     

                                                    ぶら〜〜〜〜〜

                                                     

                                                     

                                                    ぶら〜〜〜〜

                                                     

                                                     

                                                    ぶらっ・・・

                                                     

                                                     

                                                    (-_-)



                                                     

                                                     

                                                     

                                                    2016.09.30 Friday

                                                    いろいろあるんやなぁ・・・・(遠い目)

                                                    0

                                                       

                                                      本日付で退職した男性から、最後の「ご挨拶」ということで局内メールが届いた。

                                                       

                                                      退職することは2週間前(辞令交付)が決まってから、知っていたが何とか留まって欲しいと願いつつ・・・想いは強かったようだ。

                                                       

                                                      そりゃそうだわね、御年42歳の決断が甘いワケがない。

                                                       

                                                      今更とめても「ウザイ」だけの押しつけだわね。

                                                       

                                                      幹部の都合上、お昼前に辞令交付となりお昼休みにはお見送りをしようと想っている。

                                                       

                                                      19年6ヵ月の公務員生活を返上し、来月(明日)から民間へ。

                                                       

                                                      ここではない「辛い」経験も多いと思うが、どうか「今」よりも素晴らしい時間が過ごせるよう

                                                       

                                                      心から祈りたい。

                                                       

                                                      幸、多かれ!!!

                                                       

                                                      さっ、休憩時間終了〜

                                                       

                                                      辞令交付の準備(お盆持って神妙な顔してるだけなんやけどさ)しよっ

                                                       

                                                      2016.09.01 Thursday

                                                      あいさつしない人

                                                      0

                                                         

                                                        今朝、前々職場のゼネコンでキャリアを積んでいる女性と同じバスに乗り合わせた。

                                                         

                                                        その女性をHさんとしよう。

                                                         

                                                        乗降口すぐの椅子に腰掛けており、ワシだと認識していたにも関わらず・・・非常に〜わざとらしく「寝たふり」をした。

                                                         

                                                        当然、寝た人を起こしてまで挨拶する無粋なことはしないつもりだ。

                                                         

                                                        だが、世の中には「珍種」もいるもんだなとつくづく思った。

                                                         

                                                        目線をおとしたり、外へ向けたり、スマホいじったりと他にも所作はよりどりみどりではないか・・・・よりによって「寝たふり」する?(笑)。まるで「オヤジ」の対応ぶりに驚くばかり。

                                                         

                                                        ちなみHさん、未だ独身(ワシと同い年)。

                                                         

                                                        そりゃあ独身やわな・・・・と軽〜く自分でオチつける。

                                                         

                                                         

                                                         

                                                        あなたは、あいさつを自分からする方だろうか。

                                                         

                                                        世の中には、「あいさつ」を自分からする人・しない人、「あいさつ」をされればする人、それでもしない人、いろいろなタイプの人がいる。多様でおもしろいと言えば、そのとおりだが、その対応の差は、一体何を意味するのだろうか?この差から、読み取れることは何だろうか。

                                                         

                                                        ふと・・・「あいさつ」について書いてみたい。

                                                         

                                                         

                                                        人間関係やコミュニケーションに関する考え方、性格や社会性、コミュニケーションの得手不得手が「あいさつ」に表れるからだ。たとえば、人間関係を広げようとする人は、積極的にあいさつをする。そのような意図がなくても、外向的な性格で、コミュニケーションが得意な人は、あいさつに積極的だ。

                                                         

                                                        ※人とのつながりを重視する人は、あいさつをする。

                                                        一方で、人間関係の拡張を望まない人や、内向的で他人とのコミュニケーションが苦手な人は、あいさつに消極的だ。そのようなタイプの人は、仮にあいさつをしても、表情が固かったり、声が小さかったりする。

                                                        人とのつながりを重視しない人は、あいさつに消極的なのだ。

                                                         

                                                         

                                                        「あいさつ」を自分からする人

                                                        街で赤の他人とすれ違ったとき、あいさつする人はいないよな。

                                                        なので、以下、近所や会社など、コミュニティー内での話とする。

                                                         

                                                        特に顔見知りでなくても、「あいさつ」を自分からする人が一定の割合でいると思う。

                                                        このタイプの人は、好ましい行動を率直に体現できる人だ。

                                                        顔見知りでなくても、相手が自分より年下であっても、(相手の属性に関係なく)自分からあいさつをした方がいいと思っている人は多いが、その考えを(自発的に)行動に転写できる人はそう多くない。

                                                         

                                                         

                                                        それは、その行動を阻害する要因があるからだが…「あいさつ」を自分からする人というのは、障害を乗り越える術を身に付けている、(ある意味)スキルの高い人だと評価することができる。

                                                         

                                                         

                                                        シンプルに言えば、コミュニケーション能力が高く行動できる人だ。

                                                         

                                                        したがって、このタイプの人は人脈を豊富に持っている可能性がある。また、人脈に加え行動もできるので、チャンスを掴む可能性が高い。さらに、自分から先に人に与えることのできる人だろうから、総合的にみても社会的に成功しやすいタイプだ。

                                                        ※自分から与えることなしに得ることはできない。

                                                        「あいさつ」を自分からしない人

                                                        一方で、「あいさつ」を自分からしない人がいる。このタイプの人には二通りある。「あいさつ」をされればする人と、それでもしない人だ。※後者の人には、問題がある。

                                                         

                                                         

                                                         

                                                        ・「あいさつ」をされればする人

                                                        「あいさつ」をされればする人は、ごく普通の人だ。

                                                        自分から行動を起こす必要がなく楽なので、このタイプの人が最も多いのではないかと思う。

                                                        「相手が何か自分にしてくれれば、私も返しますよ」というタイプだ。リスクを避ける無難なタイプとも言える。

                                                        仕事においても、自分からリスクを取るような能動的なアクションは起こさないが、指示された仕事はキチンとやりますというタイプだ。

                                                         

                                                        ・「あいさつ」をされてもしない人

                                                        少数ではあるが、「あいさつ」をされてもしない人がいる。このタイプの人には、問題がある。職場にいれば、トラブルメーカーになる可能性が高い。

                                                         

                                                         

                                                        「合理性を取り違えている人」

                                                        「お前にあいさつしても仕方がないから、あいさつしない」というタイプの人だ。

                                                        同じコミュニティーの住人であっても、自分とは接点がなく関係がない。

                                                        今後も同様だと考えて、あいさつする必要性を認めず、あいさつしないのだ。

                                                        社会的なマナーより、独善的な合理性を優先するタイプの人だが、残念な人に分類される。

                                                         

                                                        このタイプの人の問題点は、相手の気持ちを全く考えていないということだ。

                                                         

                                                        人の気持ちを傷つけてもいいことはない。

                                                        ましてや、同じコミュニティーの中の人だ。いつどこで意趣返しをされるかわからない。ADを邪険に扱った芸能人が、後に出世した元ADから邪険に扱われるという事例を耳にするが、そういうことは起こり得る。

                                                        実は、合理的でもなんでもないのだ。

                                                         

                                                        「好き嫌いの激しい人」

                                                        好き嫌いの激しい人は、嫌いな人に対しあいさつをしない。

                                                        好き嫌いの激しい人でも、「あいさつをされれば、あいさつを返す」というマナーぐらいは知っている。

                                                         

                                                        しかし、「嫌い」という感情が強いため、マナーを守るということがむずかしくなるのだ。感情を優先させるため、合理的な判断ができなくなっている…という状態だ。

                                                        結果、好きな人にはあいさつし、嫌いな人にはあいさつしない…ということになるので、こういう感情に基づく差別的な振る舞いを会社などでしていると、評判は地に落ちるだろう。 

                                                         

                                                         

                                                        「自己肯定感を失っている人」

                                                        自己肯定感を失って、全く自分に自信のない状態の人も、あいさつを返さないことがある。

                                                        このタイプの人は、他人が自分にあいさつをしてくるというシチュエーションを想定していないのだ。誰かが自分にあいさつをしても、「えっ!自分の後ろにいる人にあいさつをした?」、「自分にあいさつなんかしないよね…」と思い、後ろを振り返るタイプの人だ。

                                                        普通の人でも、何かの出来事により、一時的に大きく自己肯定感を失ってしまうと、このような状態になり得る。

                                                         

                                                         

                                                        「他人とコミュニケーションを取りたくない人」

                                                        他人とコミュニケーションを取りたくない人は、当然のごとくあいさつを返さない。

                                                        相手と終始目も合わそうとしない。最初から他人をシャットアウトしているので、相手は「非礼な人」だと思うだろう。終始視線を下に落とし、うつむきがちに歩いていることが多い(ソッポを向いていることもある)。職場では、「変わり者」のレッテルを貼られることになる。

                                                         

                                                         

                                                        ・不要なプライド

                                                         

                                                        「どうして自分からあいさつをしなければいけないのか?」と思う人は、不要なプライドを持っている。

                                                        そして、不要なプライドを持っていると、自分からあいさつすることができない。

                                                        年齢や社会的な属性で、相手を見下すタイプの人は、「相手が自分より下だ」と思えば、自発的なあいさつをしない。このタイプの人は、優越感や劣等感を抱きやすいタイプで、人を見て自分の対応を変えるタイプでもある。

                                                         

                                                        不要なプライドを一度身にまとうと、それを脱ぎ捨てることはなかなか難しい。ある程度の年齢以上になると、誰もそのことを指摘することがなく、自分で気付く以外に是正するチャンスがなくなってしまう…ということもある。

                                                         

                                                         

                                                        ・不安、怖れ

                                                        自分からあいさつしたときに、相手に無視されるのではないか…という不安や怖れだ。

                                                        この障害に対しては、有効な対策がある。1)最初からワーストケースを想定しておく、2)あいさつは自分のために行うものとする、3)あいさつの返しがなければ、観察(分析)モードに入る、の3点だ。

                                                        たとえば、最初から相手に対する期待値を低くして、あいさつは返ってくれば儲けもの…ぐらいに思っておけば、あいさつを返してもらえなくても、ダメージは小さいだろう。

                                                         

                                                        ・シャイネス

                                                        これは、自分から声をかけるのがはずかしい…という感情だ。

                                                        シャイで内向的な人は、自分から動くのが苦手だ。コミュニケーション下手なことを認識しているため、「苦手な分野なので、自分から動いて失敗したくない…」という思いが強い。

                                                        頭では「自分からあいさつした方がいいよね」と思っていても、その考えを行動に移すことができないのだ。萎縮した状態と言っていいだろう。※自己のボトルネックに引っかかった状態だ。

                                                         

                                                         

                                                         

                                                        ▼ 結局、どうすればいいのか?

                                                        つまるところ、どうすればいいのか?ということだが、自分からあいさつできる人は、そうした方がいい。

                                                         

                                                         

                                                        相手の属性にかかわらず、自分からあいさつしよう。

                                                         

                                                        それは、自分のためになるし、相手のためにもなる。

                                                         

                                                        もっと大きく言えば、コミュニティーや社会のためにもなる。※プラスのことをしていれば、作用・反作用の法則により、プラスが返ってくる。

                                                         

                                                        問題は、自分からあいさつできない人だ。

                                                         

                                                        ひとつの提案だが、相手との距離がある程度詰まったとき、自分から相手の目をみて、会釈をするという方法がある。

                                                        これを採用してみてはどうか?

                                                         

                                                        声に出さなくてもいいが、自分から視線を合わせて目礼するのだ(ワシは庁舎内、ほぼこれで対応している)

                                                        こうすれば、相手を無視したことにはならず、相手を不快にさせることもないだろう。

                                                        ※相手がこちらを無視していれば、軽い目礼だけでいい。

                                                         

                                                        また、あいさつ(目礼)を返してもらえなかったときのダメージも、最小限に抑えることができるのではないだろうか。

                                                        あいさつに限らず、なんでもそうだが、多少のリスクはとって、自分から行動するようにした方が、いい結果になりやすいのだ。

                                                         

                                                         

                                                         

                                                         

                                                         

                                                        Hさんの行動はさて・・・どれに当てはまるかな(笑)。場外退場という見解ですが・・・・それで営業やってるんだから失笑ものだ。

                                                         

                                                         

                                                        ゼネコンの職場は本当に素敵な職場だったし、大好きだったけど「女性社員」はというと・・・悲惨だった。

                                                         

                                                        まぁ上記のような態度を人生50年近くやってる人間が軽くやってのけるほど逸材(笑)が揃っているのはいうまでもない。

                                                         

                                                         

                                                         

                                                        今日の反省点

                                                         

                                                        やっぱり朝は快適なリムジンバスに乗るべきだったな(^_^;)

                                                         

                                                        2016.08.15 Monday

                                                        どんっ、どんっ、どっど〜ん

                                                        0

                                                           

                                                           

                                                          高松の花火大会やでぇ

                                                           

                                                          毎年、盛り上がってんねんっ(ワシだけ?)

                                                           

                                                          IMG_1354.JPG

                                                           

                                                          このものぐさなワシがな・・・・

                                                           

                                                          3時間前には自宅を出て、餌の準備のためスーパー寄ってから2時間前には鎮座する花火大会。

                                                           

                                                          もちろん、目の前ビューじゃわ。

                                                           

                                                          中途半端なトコ、陣取って早くから座るぐらいなら

                                                           

                                                          いっそのことえぇ場所とらな。

                                                           

                                                          IMG_1396.JPG

                                                           

                                                          iPhoneで撮影頑張ってみたが、良い写真撮れなんだ。

                                                           

                                                          雰囲気だけ味わってな

                                                           

                                                          IMG_1362.JPG

                                                           

                                                          IMG_1438.JPG

                                                           

                                                          去年よりも良くなってた。

                                                           

                                                          来年はシャンとも相談し、椅子やクーラーをきちんと準備しようなということで反省会も終了。

                                                           

                                                          良い夏だったぁ〜〜〜(*^_^*)

                                                          2016.07.28 Thursday

                                                          通勤特急

                                                          0

                                                             

                                                             

                                                            7月に入ってから、ワシは積極的に「ゆう活」を活用中。

                                                             

                                                             

                                                             

                                                            期間限定の活動なので、遠慮するより推進月間に協力しているのだ(笑)

                                                             

                                                             

                                                             

                                                            今月は「C」という時間帯をチョイス。

                                                             

                                                             

                                                             

                                                            8時登庁、16時45分退庁コースだ。

                                                             

                                                             

                                                             

                                                            そこで通勤バス時間を再度見直ししたところ、ワシの通勤にぴったりのバスがあるではないか!!

                                                             




                                                            その名も「通勤特急」

                                                             

                                                            お値段は通常の路線より、お高めだが・・・・乗り心地よし!車内冷え冷え状態よし!

                                                             

                                                            静寂さよし!(ガキんちょ居ない)

                                                             

                                                            特急なのでワシが乗車してから2箇所停まりという速さ・・・・よし!!

                                                             

                                                            大型観光バスサイズだから、乗客三分の一以下?ほど。

                                                             

                                                            ほとんどの通勤通学の場合、割安なループバスや通常路線使用なので、雑多感は否めない。

                                                             

                                                            そんななか、ワシにとっては

                                                             

                                                            通勤特急は神のような乗り物。ゆう活が終わってもワシはこのバスを利用しようと思っている。

                                                             

                                                            帰りは路線ループで帰るけど(笑)←ここんとこがワシはあざといのぅ〜(^_^;)

                                                             


                                                             

                                                             

                                                             

                                                            2016.07.25 Monday

                                                            高松打ち水大作戦2016

                                                            0

                                                               

                                                              毎日お暑うございますがな・・・(-_-)

                                                               

                                                              今年は道路部女子3名参加で写真も撮り甲斐があった〜

                                                               

                                                              浴衣姿はほんまっ、可愛いわ。

                                                               

                                                              現職場はなにもかも申し分なく・・・・少々のことはあるが、許容範囲内でノンビリ楽しく毎日過ごせている。

                                                               

                                                               

                                                               

                                                              IMG_1202-EFFECTS.jpg

                                                               

                                                              なんで姫路城?先日、遊びに行った一枚なんやけどモノクロにしたらえぇ雰囲気だったから載せてみる。

                                                               

                                                              というても・・・・普通は市長をはじめ局長など面々や色とりどりの浴衣姿の美女達の写真かと思うやろ・・・備忘録好きのワシからしたら不甲斐ない事なんだけど今年は思いっきり

                                                               

                                                              要らんもん(人)が写っててな・・・・載せれない〜加工するんもイヤだから(手間も掛けたくない人たち)やめとく。

                                                              (今の職場の人たちではもちろんないよ〜)

                                                               

                                                               

                                                               

                                                              今夜の夕方のニュースみんな見てねぇ〜〜〜とだけ書いておく。

                                                               

                                                              キーワードは「打ち水」よ〜ん。シンボルタワー前にて打ったのよ。今年は3社ほどカメラあったからさ

                                                               

                                                              どの局でもやってくれるかも?!

                                                               

                                                               

                                                               

                                                              ローカルな話題やけど、見てなぁ〜〜〜〜(^^)/

                                                               

                                                               

                                                              今日も生涯の一日なり
                                                                 1234
                                                              567891011
                                                              12131415161718
                                                              19202122232425
                                                              262728293031 
                                                              << August 2018 >>
                                                              管理人って?(たまに更新)
                                                              カテゴリ
                                                              アテにならん、ユル〜い温度計
                                                              にほんブログ村 釣りブログへ
                                                              にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
                                                              にほんブログ村
                                                              リンク
                                                              いつも、ありがとう
                                                              光陰矢のごとし
                                                              最近のツッコミ
                                                              .
                                                              .
                                                              CURRENT MOON


                                                              ワシの備忘録を検索
                                                              Others
                                                              Mobile
                                                              qrcode
                                                              Powered by
                                                              30days Album
                                                              無料ブログ作成サービス JUGEM