<< まる子と忘年会 | main | 海の勇者 >>
2019.12.10 Tuesday

冬の剣山

0

     

     

    にゃす。

     

     

    うっすら雪景色の剣山。

     

     

    日曜日行ってきました。

     

     

    歩き方やウェアの選び方などの確認の為、雪がある山へ・・・・。

     

     

    本当なら今週、登山学校からの実技で雲辺寺山へ行く予定でしたが

     

     

    例年参加している「竹取物語」を優先して、今回は初欠席です。

     

     

    雲辺寺山は聞いたところによると比較的ラクと聞いたので、一月の国見山(徳島県)が正念場でしょうか。

     

     

    雪もさっくり積もっているようですし・・・・。その練習も今回兼ねます。




    香川の人間はとにかく雪が珍しいっ!!

     

     

    思わず、はしゃいでしまいそうになる気持ちをグッとこらえて慎重に足を運びます。

     

     

    滑ったあとのケガももちろん怖いけど、滑りそうになる→それを逃れても筋を痛めたりしてのちに不快な登山となってしまうから

     

     

    集中して滑らないように歩く方が結局は効率的且つ安全ということらしい。

     

     

    学校では寡黙タイプとにぎやかタイプに二分するので、当然集中力を欠くにぎやかタイプが滑る可能性が高くなる。

     

     

    ということは登山はマルチタスクより、断然シングルタスクが宜しいようです。

     

     

    確かに・・・・剣山で静かな山を登っていると自分の足音(氷や雪を踏みしめる音)の心地良いこと・・・・

     

     

    その音を聞き、五感をフルにつかい一歩づつ・・・・。進めるごとに下界の日常を置いていく・・・山頂には非日常しかなくて

     

     

    気持ち良い世界がただただ、ひろがっていました。

     

     

    ダイアモンドダストの美しいこと・・・・静かなら自分や自然に向かい合えることは絶対的な真実ですね。




    前回、学校からの実技時は藪こぎもありました。

     

     

    (敢えての・・・・ここから登る?)

     

     

    そんなコースをあがってきましたし、600mほど長めのルートでもありました。

     

     

    今回はその600mを割愛して、素直に登ります。

     

     

    ここまで一度も休憩とることなく、登ることができました。
    (ワシにとっては・・・・すごいこと)



    ラクでした・・・・。

     

     

    ぶっちゃけ・・・・。

     

     

    頂上ではヒトが居ない分、前回見れなかった箇所もパノラマで見えます。




    (誰も居ないじぇ〜〜〜〜!!)

    でもほんとに神秘的というか・・・・雄大・・・・・というか。

     

     

    かっこえぇな・・・・。



    来年六月の卒業登山は剣山〜三嶺へ縦走(一泊二日)です。
     

     

    広角を持ってこず、三嶺まで写していませんが・・・・9時間ほど歩き続けるということ。

     

     

    遅れはとっても脱落者はいないようで・・・安心しました。

     

     

    がっ、脱落しても結局しんどいルートなんですけどね(笑)




    来年6月は前泊(山小屋泊)です。

     

     

    (超不安・・・・(-_-)トイレとか・・・・トイレとか・・・・トイレとか・・・・)

     

     

    恵まれた小屋だそうで、お風呂もあるしお食事も出る・・・・翌日にはお弁当も持たせてくれる・・・至れり尽くせり(山小屋のわりに)。

     

     

    精進せないかんね・・・・

     

     

    降りている時に、良い提案がありました。

     

     

    大人用の紙パンツというテがあるよと・・・・。(^o^)そのテがあったよね。

     

     

    年齢的に少し早いけど練習のつもりで付けてみようかと真剣に思ってます!




    100mほど低い三嶺だけど、距離も長く・・・・その上、積雪もあるので初心のワシには却下だったが

     

     

    そんな山を制覇してみたいな♪

     

     

    下山時、山小屋元主(今は息子の代)とお会いし

     

     

    「今日はね、一年のうち30日ほどしかない美しく見える一日」と言われて、早起きしてよかったなぁと(笑)。

     

     

    西島駅横にあるベンチで素晴らしい景色を眺めながら、カップヌードルをすすりました。

     

     

    んっまぁ〜旨いことっ!

     

     

    サーモスの山専用ボトル・・・ほんとにすごい・・・・ワシは500mlタイプを買いましたが

     

     

    750mlが欲しい・・・・・と帰りの温泉に浸かりながら、考えます・・・さっきまでのしおらしい「神聖」な気持ちが下山とともに物欲に変わっています(笑)

     

     

    帰りに来年登る国見山の悠然とそびえたつ姿を眺めつつ・・・・山専ボトル750・・・が頭から離れなかったワシです




    今回の反省・・・・

     

     

    香川(高松市内)に生息していますのでワシは「マイナス」の世界に無頓着です。

     

     

    寒いのは当然理解できても、どんな寒さか体感していません。

     

     

    例えば手袋とか、ウール100パーセントで参戦しようとしていました。

     

     

    前日、シャンにそのことを話しますと・・・・「はい?」←(正気で言うてまんの?)のニュアンスね

     

     

    そのまま好日山荘へ。

     

     

    いつもお話をする店員・山男にジャブ。

     

     

    (あのう・・・明日「三嶺」にいくんですよ。軍手かもしくはウールで行こうと思うんですけど・・・)

     

     

    「ぷっ、ぷ(笑)それはね・・・・近所の里山にしておいてください(笑)ぷぷっ、ふふっ。基本、雪山に行くのなら標高に関係なくレイヤリングをおすすめします。防寒だけでなく、一番大事な防水性があるものを選んでください。」

     

     

    と恥をかき、ここからここまでで選べば大丈夫ということで一番安い(^^;)のを選ぶ。

     

     

    インナーのミズノのブレスサーモ(1,400円)とオーバーグローブ(たぶん6,000円弱)を購入。

     

     

    現場に出て思いました・・・・買ってよかったよ・・・まじに。

     

     

    ユニクロのネックゲイターを持って行ってこれも活躍したんだけどね、息苦しいんだわっ!!

     

     

    たしかに暖かい!

     

     

    だけど息苦しいっ!

     

     

    街歩きならどうってことないし、チャリ通勤でも救世主だと思うけど登山はダメだ・・・使えねぇ。

     

     

    通気性が悪いので、直ぐに口まわりが冷たくなって水滴に・・・・気になる・・・気持ち悪い・・・・。分厚いので目だけにすると足下見えない・・・・。

     

     

    バラクラバを付けているヒトを見かけたけど、そっちの方が機能性はあるかも?

     

     

    顔だけ出したまんまの登山は考えられない・・・・冷たすぎる・・・・無いわぁ・・・・Baffでもウール100%ならイケるか。

     

     

    だけど頭から被るバラクラバはきっとワシには邪魔くさいと思う。

     

     

    それらを勘案するとモンベルのストレッチマルチネックゲーターが良さそげ・・・・



    ノースのニットで正解っ!

     

    だけど少しでも顔を覆いたく・・・・折り返しを拡げて被る・・・そんくらい冷たい。



    ウェアもレイヤリングに相当頭を悩みました。

     

     

    とにかく何枚もあることが大事ということでした。

     

     

    最終的にアドバイスや実技を通してみるとウィンドブレーカーを数枚重ねると調整しやすく軽く、集中して登るのに邪魔しにくいということらしい。

     

     

    登りの時、フリースは無用の産物でした。

     

     

    暑くなる→脱ぐ→寒い・・・・ちょうど良いが無い。そしてかさばる・・・。山小屋で過ごす時や休憩時が一番ですね。

     

     

    降りる時は熱も生まれず、惰性で降りてるので厚めに着込む(フリース有)のが良かった。

     

     

    登りは薄皮をはぐように・・・・調整していくのが一番かと体感しました。

     

     

    フリースは汗かいても気持ち悪い・・・蒸れるし・・・・調節しにくかったです。

     

     

    薄いものを何枚も着込む・・・これが一番でした。

     

     

    フリースは止まっている時だけですね、重宝するのは・・・。



    ベースはメリノウールが正解でした。

     

     

    欲をいえばMILLETの超セクシーなアミアミを下に着用すれば最高です。

     

     

     

     

     

    今回も学ぶことたくさんありました。

     

     

    国見山デビューにはもっと快適に過ごせるかなと思います。快適さが集中力を維持してくれますね、うんっ!!

    ツッコミ
    ツッコミ








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    今日も生涯の一日なり
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    管理人って?(たまに更新)
    カテゴリ
    アテにならん、ユル〜い温度計
    にほんブログ村 釣りブログへ
    にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
    にほんブログ村
    リンク
    いつも、ありがとう
    ブログパーツUL5
    光陰矢のごとし
    最近のツッコミ
    .
    .
    CURRENT MOON


    Recommend
    [カシオ] 腕時計 プロトレック 電波ソーラー PRW-3510Y-1JF ブラック
    [カシオ] 腕時計 プロトレック 電波ソーラー PRW-3510Y-1JF ブラック (JUGEMレビュー »)

    いつか欲しいなぁ。

    AppleWatchも大事だけど、コレも素敵
    Recommend
    Recommend
    ミレー(MILLET) SAAS FEE 30+5 (ザック バックパック) MIS0640
    ミレー(MILLET) SAAS FEE 30+5 (ザック バックパック) MIS0640 (JUGEMレビュー »)
    登山学校で1回目の実技で使っただけ・・・・。思い入れのあるザックだけどまだ2回目登場してない(T_T)
    Recommend
    [グレゴリー] GREGORY JADE28 ジェイド28 ポピーレッド S/M 1115691710
    [グレゴリー] GREGORY JADE28 ジェイド28 ポピーレッド S/M 1115691710 (JUGEMレビュー »)

    大事に使いたい。
    リッドがない分、出し入れしやすくて目立つ赤。山には派手な色がマスト
    Recommend
    【中古】 登山の運動生理学百科 /山本正嘉(著者) 【中古】afb
    【中古】 登山の運動生理学百科 /山本正嘉(著者) 【中古】afb (JUGEMレビュー »)
    これはとてもタメなりました。同じ動くなら理屈や講釈から入るパターンのワシ。
    Recommend
    [グレゴリー] バックパック リュック 公式 スケッチ22 現行モデル STORM BLUE
    [グレゴリー] バックパック リュック 公式 スケッチ22 現行モデル STORM BLUE (JUGEMレビュー »)

    やっと手に入れた〜
    お気に入り。
    とても使いやすくて、機能的
    Recommend
    Recommend
    パナソニック スチーマー ナノケア W温冷エステタイプ ピンク調 EH-SA99-P
    パナソニック スチーマー ナノケア W温冷エステタイプ ピンク調 EH-SA99-P (JUGEMレビュー »)

    アラフィフには強い味方!
    するとしないじゃ大違い・・・・たぶん。
    Recommend
    finetrack(ファイントラック) スキンメッシュソックス 5本指レギュラー FSU0214 BK S
    finetrack(ファイントラック) スキンメッシュソックス 5本指レギュラー FSU0214 BK S (JUGEMレビュー »)

    インナーソックスに履いています。全然臭くならない・・・・ミラクル〜〜〜
    Recommend
    ワシの備忘録を検索
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM