<< トランスフォーマー ロストエイジ | main | ソウルにて >>
2014.08.27 Wednesday

イントゥ・ザ・ストーム

0
     


    昨日は午後からお休みして、シャンと映画行ってきた。




    「イントゥ・ザ・ストーム」




    ざっと、あらすじ言うと・・・




    竜巻が発生して、「竜巻ハンター」チームとか、親子チームとか、カップルになりそうなチームとか、Yotubeに動画を投稿しようとしているバカチームとかが逃げたり巻き込まれたりする話。


    えっとね、本作の感想ね、えーとね、たつまきの迫力がすごくてね、あとはぜんぶどうでもいいの。おしまい。
    ……いや、だって災害映画ってそんなもんじゃない(身も蓋もない発言)。










    本作の優れた点に、人物描写や展開がいい意味でざっくりとしており、気軽に観ることができる。




    上映時間は1時間29分という近年まれに見る短さ、たくさんいるキャラクターはチームを組んで行動しているために観ていて混乱することがない。


    ハリウッド映画の“お約束”をきっちり入れていて飽きさせない。




    あとね、予告編ではすごく深刻な雰囲気を感じ取れますが、作中ではYoutubeで動画を投稿するバカとかがいることもあり、ノリはわりと軽い

    自分はこのくらいの雰囲気の作品が大好き。肩の力を抜いて、気を張らずに楽しむことができる。


    こってりラーメンばかりだと飽きちゃうから、たまには塩分控えめのうどんでも食べに行くかという気分で観ると幸せになれる映画だと思う(よくわからない例え)。



    チームがそれぞれ“違った理由”で、竜巻に関わっているというのもいい。
    行動原理がわかりやすいために「なんでそんなことするん?」という疑問がまったくなく、しっかり感情移入して観ることができるよ。



    お気楽ハリウッドディサースター(災害)・ムービーではありますが、しっかりツボを抑えた内容。






    “災害に合う人の手持ちのカメラ”の視点で撮られているため、本物の災害の現場にいるかのようなライブ感があるだけでなく、「周りのすべてが見えないがゆえの恐怖」も描くことができてた。



    あと、Youtubeに動画を投稿するバカどもが、ばかばかしいを通り越してすげえウザいのはちょっと……


    自分はこういうキャラが出てきて大活躍するのは嫌いじゃない……というかむしろ大好物な部類なのですが、もうちょっと愛嬌を持たせてやってもよかったんじゃないでしょうか。
    観ている人の80%くらいが「こいつら早く竜巻に巻き込まれろ」と願うことだろう。





    現在は「GODZILLA ゴジラ」も公開されてますが、何にも考えずに楽しめる娯楽映画としては断然こちらをおすすめ。


    終盤のとある光景には、「ゼロ・グラビティ」にも似た「映画でしか観ることができない」感動を味わうことができる。



    観る人を選ばない万人向けの内容
    展開はベッタベタなので、あまり映画を観慣れていない人のほうがより楽しめるかもしれませんね。オススメ。


    ツッコミ
    ツッコミ








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    今日も生涯の一日なり
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    管理人って?(たまに更新)
    カテゴリ
    アテにならん、ユル〜い温度計
    にほんブログ村 釣りブログへ
    にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
    にほんブログ村
    リンク
    いつも、ありがとう
    光陰矢のごとし
    最近のツッコミ
    .
    .
    CURRENT MOON


    ワシの備忘録を検索
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM