<< レトロな暖房器具 | main | ふぃっとねす >>
2012.02.02 Thursday

おひとりさま、逆打ち紀行一回目

0
     

    すこぶるお天気も良く、風も無い。


    先月30日、自宅を午前9時に勇ましく出発!



    逆打ちの始まり、始まり。



    21年4月に結願し、早丸2年・・・・。


    今年は閏年ということもあり、たくさんの参拝者で賑わうであろう八十八カ所のお寺。


    地元ということ、ただいま元気なぷ〜子(無職)ということも相成り空いた曜日に空いた時間帯を見つけながら打ちたいと思う。


    お寺の詳細については、20年〜21年のお遍路編にて紹介しているので今回は割愛し、時節の写真のみとする。

    _0017539_640.jpg

    順調に10時前には大窪時に到着した。

    さすがに平日といえども人が多い。特にバスツアー!弾丸ツアーとなっているようだ。

    個人の納経はどうなるのだ?と思いつつ、久々に般若心経を唱和。

    _0017540_640.jpg

    個人の遍路は結構目立つ・・・・。


    わさわさと団体さんが居るなか、なんとかかき分けつつ隅っこで唱和していく。


    本来なら団体をやり過ごして・・・と言いたいところだが、ここで手早く時間帯を調整して午後からは空いたお寺でゆっくりと打ちたいと思ったから。


    団体は必ず昼食時間の幅があり、その分追い抜くチャンスなのだ。


    _0017541_640.jpg

    心配していた納経だが、真摯にずっと待っていたら団体に紛れ込ませていただきスッと終わった。


    カーナビセットして次へ急ぐ。


    本日の目標は白峯寺(81番)までだ。


    出発がゆっくりだった分、16時半までには終了したいのでさほどゆっくりしている時間もなかった。


    納経所は17時までであるが、実際にろうそくやお線香などは防犯上の意味もあり16時40分には出来なくなる。それと帰りに帰宅ラッシュを避けたいという願い。


    帰ってから自分のエサも作らないといけない現実もあるしなぁ。


    _0017542_640.jpg

    長尾寺(87番)、志度寺(86番)とせっせと打っていく。


    納経も団体のガイドさんが気を利かせてくれて、スッスッと終わっていく。キモチが良い。


    _0017543_640.jpg

    一ヶ寺、一ヶ寺終わる事に読み通り、団体から離れていく。


    個人の巡礼者は家族連れや、個人タクシーなどを使った静かな方々が多く支障なし。


    _0017544_640.jpg
    86番志度寺



    ここまでくると本当に静寂してる。


    老夫婦がゆっくりと打っているぐらい。ただしガイドは先に回り納経しているので、納経所は賑やかだ。



    _0017545_640.jpg

    ここで東京から歩き遍路に来ている75歳の女性に声を掛けられる。


    9年前に亡くなった一人娘と2年前に亡くなったご主人のご供養だと言う。


    7ヵ月前に出発し、ようやくここ(86番)まで辿り着いたのだそう。


    途中、倒れて入院したがそれでも東京に帰らず自費で治療費を払い退院。遍路を続けているという。


    「娘の写真みてやってください」


    と大事そうに懐からカードケースに入った写真を見せて頂く。車の助手席で微笑む若い女性の姿が目に飛び込んでくる。


    「娘は27歳でした。うつ病が悪化し、入水自殺しました。主人は2年前に病気で亡くなりました。少しだけ骨を持ってお遍路に出ました。」


    とぽつり。今までの苦労話を聞かせていただき、納め札を交換した。


    (どうか無事に結願できますように・・・・)とこの女性の為にも残りのお寺をお参りさせていただこうと10分ほどお話をして、八栗寺へ。



    _0017546_640.jpg
    久々にケーブルカー乗るよ。

    おそらく2年ぶりかと思われる。前回の遍路以来だ。


    _0017547_640.jpg
    車中、誰もおらへん。


    ワシの貸し切りよ(往復900円で貸し切り、安いもんやわ)


    _0017548_640.jpg
    後ろにそびえるは五剣山。なかなか立派な山。


    やっぱり風が冷たい・・・・・

    _0017549_640.jpg

    一人で打つ遍路というのも悪くない。


    最初は不安でいっぱい、心細さが先に立ち大丈夫かなぁなんて弱気だったが「同行二人」。お大師さまが一緒に愛車ぽるしぇに乗ってくださっているではないか!と思うと張り切れる。


    この後、有料道路に入り屋島寺へ向かう。時間はもうお昼を過ぎている。


    ワシのエネルギーも屋島寺を打ち終え、エサを摂らないと思考がストップする。


    時間は無駄にしたくないので、近くにあったマックへ吸い寄せられる。


    気になっていたハンバーガーに食らいつく。

    _0017553_640.jpg

    はい、その名はラスベガスバーガー!!


    _0017554_640.jpg
    う〜ん、とってもボリューミ〜。


    さっ次は一宮寺へ。_0017555_640.jpg

    お手水が大師さま・・・・カワイイ。


    _0017556_640.jpg
    阿吽像の阿像だよ。

    _0017557_640.jpg

    根来寺へ到着、この時点で16時・・・・。


    一宮寺から根香寺までの道中が時間が掛かった。


    カーナビで距離優先にしても、本日一番の寺から寺までの距離が長く感じた。きっと山道だからだろうけど。


    _0017558_640.jpg

    _0017560_640.jpg

    何となく愛嬌ある顔。怖くないよ、キミなら。


    _0017562_640.jpg

    最後は白峯寺へ・・・・


    _0017563_640.jpg

    今回は2年ぶりということもあって、境内でまごつくところもあり午前中は気が重かった。


    午後からは少し落ち着いて打つことが出来たかな。


    今回の逆打ちで使うお賽銭は全て五円玉を準備した。一回のお賽銭は45円(しじゅうごえん)と決めたのだ。


    そう、45円(しじゅうごえん)=始終、ご縁という意味がある。


    毎回結構な重量のお賽銭を持つようになるが、ここは車遍路の強みだ(笑)。


    それとまだ逆打ち出発されていない方はお知らせ(←おおげさ)


    香川(涅槃の道場)23ヶ寺分の曼荼羅絵図が閏年に限って配られている。

    台紙は1,000円、パズルのように埋めていく。

    写真 12-02-02 21 56 18_640.jpg

    御姿をいただくときに各寺で無料で配られている、梵字の入ったピース。

    額に入れて奉ることが出来るなぁと思いつつ、せっせと集めたよ。

    写真 12-02-02 21 57 00_640.jpg

    でもね・・・・一宮寺のピースをワシは無くしたようです・・・・(-_-;)。

    それだけもらえるのかなぁと心配。





    まずは一回目、無事に打ち終えたこと・・・・次への自信に繋がりました。



    ツッコミ
    ツッコミ








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    今日も生涯の一日なり
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    管理人って?(たまに更新)
    カテゴリ
    アテにならん、ユル〜い温度計
    にほんブログ村 釣りブログへ
    にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
    にほんブログ村
    リンク
    いつも、ありがとう
    光陰矢のごとし
    最近のツッコミ
    .
    .
    CURRENT MOON


    ワシの備忘録を検索
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM