2016.09.27 Tuesday

スーサイド・スクワッド

0



    土曜日のレイトショー、「スーサイド・スクワッド」を観てきた。

     

    予告の時から、気になる映画だったのでビジュアルは理解不能なところがあったものの

     

    「観てみよう」と発起。

     

    めっ!ちゃかブリがそれなりにサマにはなっており、アメリカではかなりの酷評っぷりではあるものの

     

    日本人にはさほど気にならず(ワシには)。

     

    バットマンVSスーパーマンの映画よりはかなりイケていたかと思うぞよ。

     

    子供にはあんまり見せたくはない映画だが、オトナがコミック映画を「愉しむ」という概念でみれば

     

    それなりに愉しませてくれた映画だった。

     

    お暇で劇場で観るタイプの方は是非、週末に(^^)/












     

    2016.07.13 Wednesday

    インデペンデンス・デイ:リサージェンス

    0

       

      先週、公開と同時に観てきたぁ

       

      久しぶりの映画館♬

       

       

       

      世界中で大ヒットを記録したSFパニック作の20年ぶりとなる続編ついにでましたね!

      待ちに待ったという感じ?

      これは世界中で絶賛に嵐だろう・・と思っていたら・・まさかの・・

      酷評の嵐!!Σ(゚Д゚)マジか!?

       

      でも、映画館で鳥肌立っちゃうほどの名作の続編!

       

       

      皆のレビューを見ると賛否両論なのだが、アリではないかと思う。

       

      倒した敵の残骸や捕虜などから聞き出し、その技術を吸収することは当たり前だと思う。

      前回あんなにボッコボコにやられているのに、武装が変わっていなかったら完全にアホだろう?再び来る敵の脅威に備えれる武装をするのはごく自然なことだ。現在の地球に存在する武装で挑むところを見たかったというのは分かるが、それこそリアリティが無いだろう・・・

       

      結局は期待し過ぎなんだろうな・・前作あれだけ凄かったんだから20年後の今はもっと凄い作品が出て来るに違いない・そう思っちゃったんですよね💦悪くはない・・悪くはないんだけど・・期待してたのとちょっと違う〜(^^;そう思った人は多いだろう・・・

       

      かつて世界中の大都市上空をジャックした巨大宇宙船は、全長4800キロメートル・・大西洋全域を覆うほど巨大なものに進化しているのに・・その大きさまったく映画に意味ねーってのは驚いた・・・大きさ生かせよ・・

       

      とはいっても「3」に期待してるのだっ。

       

       

      続きを読む >>
      2016.05.01 Sunday

      シビル・ウォー

      0

        29日から公開のシビル・ウォーを観てきた!





        なんで、トニーがいつのまにか悪もんなん?

        そこ、むちゃ気分を害したわ。


        とにかく観て。

        トニースタックが非難される意味ら理解できんかった。

        個人的にファンだから?ということもあるのかも?!



        2016.02.20 Saturday

        オデッセイ

        0
           

          今年はじめての感動作。

          娯楽映画の最高〜

          火星で独りで生き抜く映画だが・・・・

          単純に「知識」の大切さを痛感させられる映画だったよ(笑)

          IMG_0324.JPG
          2016.02.01 Monday

          パディントン

          0
            土曜日、「パディントン」観に行って来たぁ。

            たいして期待もしていなかったけど、先日のトムハンクス主演映画「ブリッジオブスパイ」の口
            直し。

            可愛らしくてほっこりした映画だったなもっ。

            同じクマでも・・・TEDとは全然ちがう(笑)

            上品さが際立つ映画だった(^_^;)
            2016.01.27 Wednesday

            ブリッジオブスパイ

            0





              トム・ハンクス主演のブリッジオブスパイを観てきた。

              前半30分は完全に寝てしまった。
              面白くないのではなくて・・・・・寝た。


              (面白くなかったのか)

              観る人によると思う。

              後半はしっかりと観たがまずまずといったところ。

              これなら「パディントン」を観た方がよかったかなと少し思ってしまった。

              実話なのでプロトコルは割愛した。


               
              2015.02.11 Wednesday

              「アニー」観てきたでぇ

              0
                 

                ワシはミュージカル版もこの1982年版も新鮮な気持ちで楽しむことができました。


                じつはこの2014年版はアメリカで酷評を持って迎えられていたそうだ。
                公開3週目で興行成績がトップ10から消え去ってしまっている。


                アメリカの評判は悪くとも、日本での評判はそれほど悪くはない。
                なぜなら、娯楽映画としてやるべきことをやっているから。

                物語は孤児だった少女が、富豪と友だちとなって、その財力を利用して両親を探したり選挙戦を手伝ったりするというもので、子どもでも十分わかりやすい。

                主人公の孤児の女の子はハツラツとしていて大人を手玉に取りそうなナマイキっぷりを見せ、市長選に臨む大企業の社長は子どもなんか嫌いだったはずなのに次第にそうでもなくなってくるというツンデレっぷりを見せ、サブキャラの女性にもしっかり見せ場もあり、とキャラクターの個性もちゃんとしてる。


                触れなければならないのはキャメロン・ディアス

                彼女は子どもを金づる(助成金もらえるから)としか捕えていない悪役、間違いなくキャラクターの中でいちばん目立っている。
                彼女は自分の負け組人生っぷりをとてもわかりやす〜い説明セリフで語り、悪態をつくときはいちいち顔をひんまがらせ、その辺のイケメンに分け隔てなく求婚するというヒドい(ほめことば)キャラ。
                そりゃノミネートされますよ……むしろこんな役を(文字通り)体当たり演技で臨んだディアスをほめたたえたくなる。


                原作は1930年代の大恐慌の時代を描いていたのですが、この2014年版ではインターネットもYouTubeもある現代を舞台としたこともよかった。
                Twitterの使いかたもはるかに納得できるものでしたし、物語の展開にもしっかり生かされている。

                基本的に物語はお子様でもわかりやすい(子ども向け)のですが、大人にしかわからないギャグを仕込んでいるのも好き。
                その大人向けなギャグをくり出してくれるのが、まさに汚れ役のキャメロン・ディアス。これにはゲラゲラ笑わせていただきました。



                楽曲そのものは、現代的なアレンジが加えられておりとてもよかった。



                びっくりしたのはジェイミー・フォックスの美声。もともと音楽を専攻していたこともあり、文句なしの歌唱力。



                不満点は、ギャグの品のなさ。
                なぜか「食べ物を口に含んで吐き出す」というシーンが何度もくり返される。
                序盤は展開上も意味のあるものだったのでよかったが、これほど頻発すると単純に見ていていい気分はしませんし、子どもに見せたくありません。

                また、先ほどはキャラクターがしっかりしているとは書きましたが、裏を返せば性格付けが極端かつステレオタイプすぎる印象。
                キャラクターの心変わりにはやや唐突すぎるところもあり、人間ドラマとしてはお世辞にも出来がいいとは言えん。

                さらに設定の一部にも違和感が……
                これは現代を舞台にしたせいなんだろうなあ。


                そんなわけで、ところどころ不満点はあるものの、過度に期待しなければファミリー向け映画として十分に楽しい映画と言えるのではないでしょうか。

                子ども向けではあるのだが、胸躍る冒険をしたり、魔法が出てくる作品ではないので、あんまり小さい子が観ると退屈してしまうかもしれないのでご注意を。


                ワシは酷評されるほど悪い作品だとは思いません。
                キャストのファン、何にも難しいことを考えずに観ることができる楽しい作品を求める方におすすめ。
                エンドロール後にもおまけがあるので、最後まで観ましょう。



                2014.12.29 Monday

                映画の話

                0
                   

                  てっきり映画を観たことを記録しておくこと、忘れてた。


                  インターステラーやベイマックスを観に行ってたよ。

                  もう一週間?ぐらい前になるけど順調に映画を観てますが・・・・邦画はまったく・・・。


                  今日が御用納めでして、明日からお休みに入りますが2日は当番医でござんす。


                  もしご体調のお悪い方がおりましたが当院へどうぞ(笑)

                  一応、外科の当番医としておるが・・・・

                  来られた方は内科も診てますので(笑)。

                  2014.12.05 Friday

                  シャンと喧嘩して・・・・

                  0
                     

                    ちょっとしばらくぶりのブログ更新よ。

                    何しとっかいうたら、シャンと楽しく京都行った後日・・・・些細なこと(喧嘩ちゅうもんは些細なもんやけどさ)で大げんかさ。

                    ワシの虫の居所が悪くて迷惑をかけた部分もあるが、引けない部分もある。

                    まっ、むかついて一人で観た映画が「美女と野獣」(笑)





                    感想?

                    むかむかしていたけど適度に忘れることができた・・・・いやいやそういう感想ではないな。

                    しかし……この映画は、物語としてまったくおもしろくないので困ってしまいました。
                    なぜなら、美女(ベル)と野獣の恋愛の過程が描写不足すぎるから。

                    なぜベルが見た目が醜い野獣に惹かれていったのか?
                    野獣はどのようなベルに対してどのような想いでいたのか?
                    それらがさっぱりわからない。
                    主人公ふたりの心理描写は、意図的に排除されているとさえ感じられるほど。


                    しかし、この本作オリジナルといえる要素もあまり共感できるものではなく、作品の足を引っ張ってしまった印象でした。

                    キャラクターの魅力も薄味。
                    これも、人間臭い心理描写が圧倒的に不足しているため。
                    せっかく登場させた(ディズニー作品にいない)ベルのきょうだいがステレオタイプなキャラづけ(粗暴なキャラか、やさしいか)に留まっているのは残念としか言いようがありません。

                    正直、前半の家族の描写、中盤のベルが城内をうろちょろしている展開は退屈でしかたがありませんでした。
                    画の美しさもあいまって、疲れているときに観るといい感じの睡眠導入剤になりそう。


                    まぁそんな感じでこれ以上、書いてしまうと気持ちをそいでしまいますね。

                    やめておきましょう。


                    さて、シャンとワシと喧嘩の行く末ですが

                    映画の後にシャンと数時間バトルしまして・・・・無事に落としどころ(決着)しました(笑)。




                    今日も生涯の一日なり
                        123
                    45678910
                    11121314151617
                    18192021222324
                    252627282930 
                    << June 2017 >>
                    管理人って?(たまに更新)
                    カテゴリ
                    アテにならん、ユル〜い温度計
                    にほんブログ村 釣りブログへ
                    にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
                    にほんブログ村
                    リンク
                    いつも、ありがとう
                    光陰矢のごとし
                    最近のツッコミ
                    .
                    .
                    CURRENT MOON


                    ワシの備忘録を検索
                    Others
                    Mobile
                    qrcode
                    Powered by
                    30days Album
                    無料ブログ作成サービス JUGEM