2016.10.19 Wednesday

子宮全摘してから、はや3ヵ月検診(倉敷へ)

0

     

     

     

     

    朝晩はめっきり冷え込むようになりました。

     

     

     

    さっ、こんなワシらしくない表現は横においておいて。

     

     

     

     

     

     

     

    ワシ、昨日は有休を取り術後3ヵ月検診へ行ってきた。

     

     

     

    結果は異常なしで次回は来年1月に検診すると、無罪放免となる。

     

     

     

    卵巣は残っているのが卵巣ガンに特化した定期検診は県や市で取り扱っていないので自発的、なおかつ

     

     

     

    定期的に病院で検査をするという形になるらしい。(一年に一度)

     

     

     




    久しぶりにミック殿下登場

     

    11歳を過ぎてから「眠る」ことが多くなってきた。寂しい気がするけど、「老い」を互いに感じる年齢にさしかかり

     

    ふと脳裏をよぎる「別離」。

     

     

    最近、エンディングノートを作り始めようかと思っているワシである。

     

    年齢ではまだ早い作成時期ではあると思うが、頭がしっかりしているうちに骨組みをつくっておき

     

    手直しをする程度にとどめるのが、残す家族にも親切だろうなと思う。

     

     

    話は大きく逸れたが、子宮全摘してからというもの

     

    当然だが、出血に悩まされることもなく不快な痛みに堪えることもなくなった。

     

    時折、「ワシ・・・ひとつ臓器ないんやな」としんみりすることがまだまだあるけど

     

    プラス、マイナスで考えると今のワシには「プラス」しかない。

     

     

    ヒゲが生えてきているワケでもないし、ほかの体毛が濃くなっているワケでもない。

     

    取りあえず、平常運転で「女」を遂行できそうだ。

     

    せっかく高松から倉敷まで通院のため、交通費をつかったのだから

     

    念願だった「ある温泉」へいくことにした。

     

    でき次第、アップする。

     

     

     

     

    2016.07.24 Sunday

    肝心のカラダ

    0

       

      子宮全摘手術から早一ヶ月以上。

       

      無事に一ヶ月検診も終わり、異常もなくほぼ平常運転。

       

      まだ温泉などにはいけないが、そろそろお風呂も入ってOK。

       

      自転車も調子よければOK。

       

      術後、はじめての「排卵」おぼしき症状がきて少々戸惑っている。

       

      卵巣2個無事に残っているものの・・・・実際、子宮ないと使うことないんじゃない?と自然に思うのはワシだけ?

       

      そんな感覚が「排卵」症状に戸惑いを覚え、右往左往してる。

       

      救いは集中力の源であるヨガ。

       

      実際の排卵はお腹の中で起きているわけだし、排卵前日は全く眠れず(これも手術前と同じ)

       

      排卵おこり・・・・強烈な睡魔が襲う。寝ても寝ても寝たり無い・・・・。

       

      生理中もそんな症状だったけなぁ・・・とにかく初日は眠かったものだ。

       

       

      兎にも角にも・・・・まだ生理はカラダのなかで繰り返されてるということだな・・・・。

       

      出血こそないものの・・・・。不思議な感覚だけどなんの痛みもないんだ。

       

      本当にありがたい。

       

      更年期はみんな同じ。

       

      子宮持ちの人は生理があがったことや、不順になってきたりと視覚を中心に理解していけるけど

       

      ワシの場合は、感覚を研ぎ澄まし判断していくしかないな。

       

      次は3ヶ月後・・・・10月に検診を迎える予定。

       

      続きを読む >>
      2016.07.15 Friday

      給付金、振り込まれたっ!!(*^_^*)

      0

         

        12日、無事口座に給付金(医療保険)が振り込まれたよぉ〜〜〜

         

         

        入ってて良かった「医療保険」・・・・(T_T)。

         

         

        11日間入院したので・・・・・一日15,000円×11

         

        1手術・・・・・200,000円

         

         

        いろいろと大変だったけど・・・・癒やされました。

         

         

        あとは傷病手当金の振り込みを待つのみ。

         

        70,000円ほどですが、心と生活の大きな支えとなる。

         

         

        振り込み確認してから、保険見直しを考えていたので本日「ゆう活」で早めに帰宅。

         

        自宅で試算しながら、オペレーターと相談。

         

        3大疾病特約を付加したいのだ。診断されたら一括で何度でも支払うぜっていうやつね。

         

         

        クレジットカード年払い、現行のままクレカ支払いだと10万以内に

         

        おさめないといけないと言われ、一括受取額150万希望を130万に下げた。

         

         

         

         

        しかしっ、告知部分で医師の診断を3ヶ月以内に受けているというところで引っかかるので少しだけ後に契約し直すことになる。

         

         

        数年前に病院勤めしていた時に感じたこと、通院給付よりも「一括」で現金を受け取る方がよほど有りがたい!!ということだった。

         

         

        診断されたら何度でも・・・・一括で!

         

         

        これが一番いい。

         

         

        限度額適用認定証などフルに活用すればいいだけのこと。

         

        ちまちまと通院費を繰り返したり、長引いたりして途中請求するたびの診断書代も馬鹿にならず・・・面倒極まりないのだ。

         

        それよりもなによりも

         

         

        「現金」が一番

         

        病気になった時、ありがたい・・・・それも一括で(笑)。

         

         

        ワシの入っている医療保険の商品はもう販売されていないが素敵な内容だ。

         

        白内障手術を片目受けた場合・・・・日帰り手術でも200,000円。いまの販売されている同じ商品では50,000円・・・・。

         

        解約したくない商品だ。

         

        両目・・・白内障手術をすれば400,000円もらえる。(日帰りでも)

         

        いまの出ている商品では両目で100,000円。歴然とした違い。

         

         

        熟慮して決めたいと思う。

         

         

        ※・・・新商品と旧商品、両方入っておくのが一番賢いと思うのが現時点。

         

        というのもオペレーターが教えてくれた新しい方の商品は保険適応手術がすべてカバーされてる点。

         

        いぼ切除であっても50,000円給付してもらえるが・・・旧商品では適応していない手術があるということ。

         

         

        それならば・・・・二つ入ってカバーしあえば????(^_^)v

         

         

        支払額はさほど変わらず・・・・むふふふ。

         

         

        興味のある方は・・・・オリックス生命のキュアを読んでみてね〜

         

        アフィリじゃないんでリンクはしません(笑)

         

         

        続きを読む >>
        2016.06.25 Saturday

        おへそから、ナイロン糸・・・・はて?

        0

           

           

          自宅に帰って数日、ノンビリと片付けしてノンビリと掃除して(さして汚れてもないけど)。

           

          幸せな時間が過ぎてくぅ

           

          先日退院してからの帰り道、ランチは桃花苑だったんだけどよくよく考えてみたら2年以上食べていなかった。

           

          ビックリ!!

           

          店内も内装が新しくなっていたし、新鮮な気持ちで食事が出来たよ。

           

          IMG_1037.JPG

           

          12時前に到着したので席は選び放題。

           

          シックな色合いに変身してた。

           

          IMG_1040.JPG

          お待ちかねの「五目あんかけ焼きそば」

           

          全体的に少し値上がりしていたけど、旨さは同じ。

           

           

          IMG_1039.JPG

           

          シャンはWランチを注文。

           

          2種類の主菜が付いてくる。

           

          IMG_1038.JPG

           

          美味しくデザートまでいただけたよ。

           

          隣のおじぃ2人組がビール飲みながら、管巻いてるのがウザかったが・・・・・(T_T)あな年寄りにはなりとうないわ。

           

          桃花苑
          桃花苑
          ジャンル:中国料理レストラン
          アクセス:JR高松駅 徒歩10分
          琴電琴平線片原町駅 徒歩7分
          高松自動車道高松中央I.C. 車20分
          住所:〒760-0025 香川県高松市古新町9-1 リーガホテルゼスト高松北側別館2F(地図
          周辺のお店のプラン予約:
          海鮮居酒屋・かに料理 酔灯屋 のプラン一覧
          割烹川昇 のプラン一覧
          魚民 高松駅前店のプラン一覧
          周辺のお店:ぐるなびぐるなび 高松×中華料理
          情報掲載日:2016年6月25日

           

           

           

           

           

          さて、ワシの大事にしてるおへそからぺろんとナイロン糸のようなものが出てるのを今朝発見!!

           

          えっ?

           

           

          溶ける糸だと聞いたはず。

           

          連絡して聞いてみたら、安静にせず動きすぎた時にも糸が出るんですよという返答だった。

           

          そのまま放置プレイでもなんら問題なく、気になるようなら切ってくださいとさらり、あっさり言われた・・・・自分で切るの?

           

          (-_-)うそやろ・・・・

           

          ワシ、そういうの無理なひと。

           

           

          放置しよう、19日は一ヶ月検診だしその時に切ってもらえば済むこと。

           

          それまでのホットヨガで動いていたら自然に落下するかもしれんやん。

           

          とさんざん自分に言い聞かせ、今回はスルーすることにした。

           

          お腹の中で溶けるけど、空気に触れてるところでは溶けようがないよな(笑)自然に出てるところから落下するのを待つしか。

           

           

          退院してから体重を測ってみた。

           

          3キロ減・・・・

           

          まぁいろんなもんさげてたしな。

           

          これを機に酵素飲料も併用しつつ、ダイエットに一念発起。

           

          身体にいいことしながら、痩せればラッキーやな。

           

          自宅では誰にも会わないことをいいことに、ダーマローラー(美容関係のことね)したり

           

          ストレッチしたり、美人になるためトイレ掃除したりと余念無く動いてる(つもり)。

           

           

          大切なワシの「あそこ」は全く違和感ない。

           

          ただ少しでも頑張って動くと出血しようとしてるのも分かる。

           

          退院前に看護師からの指導で駄目な出血バージョンをレクチャー受けてるから慌てることはない。

           

          ただ半年間の禁欲生活を守らないと、世にも恐ろしい「離開」という結果になるらしい。

           

          離開とは・・・・膣奥の子宮頸部にあたる部分を綺麗に粘膜同士ぬいつけてあるのだが、他の部分よりも治りが遅く

           

          デリケート。そこへ禁欲生活を破るようなことがあると・・・・スプラッタ映画よろしく、腸が出てくるのだよ。

           

          恐ろしすぎやしませんか?????

           

           

          そんなことになれば何のために腹腔鏡でのオペにしたのかわからなくなる。当然、開腹されるからね。

           

          今までに守らない人で2名いたそうだ。

           

          ホラーなことできませ〜ん。

           

          一生、トラウマだよ。

           

          ワシは良い子やけん、医師の言いつけをきちんと守り年末まで禁欲生活にはいることを誓うのである!!

           

          まぁ、えぐい話に聞こえるかもしれんけど「きれいごと」ばかり載せるのはちょっと違うやろ?

           

          ほなけん、備忘録として載せておく。

           

          身体はなにもかわっとりゃせんよ〜〜〜

           

          髭もはえてきてないし、胸も二つきちんとある。

           

          体調を整えるため、プレセンタ注射はこれから定期的に美容目的で打っていきたいとは思ってる。

           

           

          続きを読む >>
          2016.06.23 Thursday

          退院しましたぁ!!会計は・・・・

          0

             

            21日、元気いっぱい退院を迎えることができた!!

             

             

            IMG_1033.JPG

             

            シャンがお迎えに来てくれたので、瀬戸大橋を渡り与島へ降りてみる。

             

            久しぶりに与島から瀬戸内をながめ、シャバの空気の美味しいことといったら・・・・。

             

            外は本当に良いなと感じる瞬間だった。

             

            雨後だったので尚更綺麗な景色に癒やされた。

             

            たいした出血もなく、ロキソニンの服用も日を追って少なくなりつつある。

             

            職場からは「復帰はいつから?」的なメールはもらうものの・・・・30日からと決めているのでそれまではノンビリとした時間を過ごそうと思っている。

             

            さて、今回の会計であるが・・・・

             

            想像していたより安かった?(笑)

             

            限度額医療証は持参していたので手間はなかった。支払いはクレジットと決めていたので問題なし。

             

            ○保険分:57,600円

            ○保険外:17,840円

            ○食事 :9,000円

            ○自費 :4,402円

             

            合計 @88,842円

             

             

            保険分は割愛させていただいた。

             

            保険外の内訳を記しておく(参考までに)

             

            ○文書料(医療保険診断書)@4,320円

            ○切手代@82円

             

            保険外については

             

            ○電気器具として(部屋の電気代のみ一日あたり、1,296円)@14,256円

            ○付添寝具(ママンが一日寝た)@432円

            ○衛生材料@452円

            ○文書料(診断書)@2,160円

            ○婦人科手帳@540円

             

            こんな感じかな。

             

             

             

            微熱がまだあるけど体調は本当に日に日に良くなっている。

             

             

            続きを読む >>
            2016.06.19 Sunday

            【8日目、術後6日目】

            0



              順調に調子よく・・・・と思いきや


              昨日から熱が・・・・順調すぎるぐらい順調だったのに。

              37度台を上下し、気持ちが少し下がる。





              ワシより先に退院していった人たちは熱は出てないのだろうか。

              昨日は「動こう」と思い、コインランドリーへ行ったり売店へ行ったり。

              病室でも上体を起こして午前中過ごしていたのが祟ったのか。

              熱に強い方なので実際に計測するより、自覚はユルい。

              測ってみて初めて、気づく・・・・みたいな。






              元気だと思っても直ぐに疲れてしまう。

              回復の早い腹腔鏡でさえ、やはり術後は疲れやすいんだな。たくさんのブログを読み漁り、自分はわりとそのなかでも経過良好とタカをくくったのが敗因だ(ー ー;)

              このままだと微熱を背負ったまま退院迎えそう。

              食欲は完全に戻ってきた。

              術後初めて完食!!




              お腹の傷をしげしげと鏡で写してみた。

              改めて腹腔鏡ってすごいんだなと思う。1センチほど傷が3箇所とお臍。

              切り傷レベルだ。

              だからこそ医師選びって大切だなと思った。熱さえひけば完璧なのに・・・

              お臍も少し縫い目が見えるかなという感じ。

              お通じもいい感じだし、自分の療養計画とあっていたのに悔やまれる。シャワー後、暑いからと部屋の温度を低くして薄着でチョロチョロしたのが悪かったんだ。

              後悔先に立たず
              2016.06.18 Saturday

              今日グロい写真あり閲覧注意!! 【7日目手術終了から、5日目】

              0

















                【7日目手術終了から、5日目】







                普通なら今日が退院である。



                経過は至って良好なのだが、帰りの車が手配できず21日までここに居る。



                可能でしょうか?と入院前から相談していた。



                予定より、4日間も居るようになるので断られて元々というのもあったし、ダメなら荷物を宅配で自宅に送りスーツケースだけひいてJRで乗継ぎ、帰ろうかとも考えていたが、主治医をはじめ責任者も快諾してくれた。







                本当に感謝でお礼の言葉もない。一人暮らしだと帰宅してもゴロゴロ寝るだけで、食事も満足に摂ることはないだろうなぁと考えたし、退屈なのはどこでも同じ。今は療養に専念して、復帰した暁には体調不調が出ることなく動きたいというのがワシの療養計画。















                一ヶ月後には病理検査の結果と予後を診る為、もう一度休み取らないといけないしな・・・・。



                ということで未だココでお世話になっている。





                入院生活経験は豊かでは無いが、前職で総合病院にいた時のことを比べると雲泥の差である。清潔さが徹底され、半端なく掃除回数が多い。当然、部屋も綺麗なのはいうまでもなく特筆すべきは共同である水回り。





                例えば洗濯パン下など髪の毛や衣類から出る糸くずなど多少なりとも落ちているところが多い。

                落ちてても当たり前だよねとスルーする箇所である。











                がっ、ここはそれが全くない。





                素晴らしいと思う。これを維持できる管理能力。見習わないと・・・・







                看護師もスタッフという名にふさわしい振る舞いだった。技術はもとより安心して予後も任せられると思う。



                クリーンスタッフにおいてもすごく教育されているなぁと感じるし、落ち込む入院生活に潤いを与えるアシストぶり。









                「おだいじになさってください」







                みなが口を揃えて病室から出て行く。毎日、毎食後(配膳係)。

                なんでもないことが出来ない病院多いし、1人ができても統率力ないと意味がない。

                他県はどうか知る由もないが・・・香川県でここまでの病院はありませんっ!!















                今度(あってはならないが)、もしまた何か不調を感じ判断を委ねたり手術という処置を受けないといけないならば断然、岡山県内から選びたいと思った。



                香川に名医は1人もいない。

                名医風にしている輩はたくさん知っているが・・・。





                そんなこんなでお世話になってる。シャンが持ち込んでくれている「炭酸水」24本はちょうど飲み切りそうな勢いである。



                本も何度も何度も読み返してる。















                これは生ぬるい自分の生活に喝を入れる為に買った本。

















                3年前に四国へんろ展にて購入した書籍、本当に一から勉強するのに役立っている。納得した学び方が一番だなぁと思いつつ読み、忘れて、読み。。。。を繰り返しているのだ( ´ ▽ ` )ノワシらしい。













                【8日目 手術終了から6日目】







                今日も朝早くから部屋をお掃除してくれた。











                そして念願のシーツも交換☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



                むちゃ嬉しいんですけど!!オペ後、ものすごい汗かいたし、熱もあがっていたから気持ち悪かったんだ。寝るのが申し訳ないくらい気持ちよさそげ。



                一旦、退院できる状態での入院生活なので午前中2回の看護師往診と夜に睡眠導入剤を持ってきてくれる時ぐらい。



                私が持参したお薬は全て一旦没収され、睡眠導入剤以外は返却されたけど「眠り」は管理されている。



                こんな矯正生活もたまにはいいかっ。





                さて、今日は自分の子宮及び子宮筋腫の写真をアップした。



                グロい写真が苦手な方はここでおかえりいただきたい。



                かなり下の方に載せているので、見てみたいと思う方はスクロールしてくださいな。



                載せた主旨としては・・・・



                もしこれを読んでいる方が女性ならば、自己判断せずセカンドオピニオンを必ずつけて定期的な受診と早期措置を後押ししたいから。



                定期的にひとつの病院にかかるだけなら、将来こんなことになりますよという警鐘でもある。ワシがそうだったので強調しておきたい。無駄な時間とお金、体力、気力を浪費してしまったから。



                そしてこれを読んでいる方が男性なら、パートナーがもし子宮筋腫と言われたならこんなことになるんだよと諭してあげてくださいな。







                ワシ、これだけは豪語します。





                自分の身体を大切にする人こそ、真に優しい人だと。

                自分の身体に対しては無頓着だけど、家族や周りは心配してくれる。それは相手をつかった偽善です。



                大切な人に心配や迷惑をかけない・・・これが優しさです。



                どうぞ、下記のグロい写真を見て「後押し」の一つになればと思う。









                見るだけ見てさ、文句いうのはナシにしてね。自己責任でっ!!





                ワシのブログを長く閲覧されている方は「大人」だと思うので心配しておりません。







                「コトナ」は退場くださいね。





                最初ね、小さな小さな筋腫にはじまったんですよ。それがたったこの3年ほどですくすくと成長し、こんなのをお腹にいれて毎日生活もしていたわけ。

                今はおなかがウソのように凹み、軽くなっている。うつぶせも出来るし、仰向けに寝ても腰が痛くならない。
                長く不快な体調の元がここに…



                それでもね、子どもを2人育ててくれた袋。大切なケアを間違ったのはワシ。




                今は、本当にありがとうと労いのお疲れさまでしたと「子宮」に言いたい。




                しんみりしたな(・・;)










                では、下の方に…どうぞ












































































































































                2016.06.16 Thursday

                入院生活【6日目手術終了4日目】

                0


                  今日は昨日と打って変わり、嘘のように身体が楽になっていた。


                  昨日の朝で硬膜外麻酔が最後となり、それから夜までは痛みに堪えた。昼過ぎから煮えたぎるような熱い痛みとひたすら闘う。



                  看護師からの天使の言葉。。。我慢しなくてもいいです。


                  という言葉が頭を反芻し、ボタンを押す。

                  それでも硬膜外とは違い、痛みの緩和が緩すぎる。ウトウトしていても痛みで眠れないのだ。

                  今日がピークですからという言葉を信じ、ロキソニンやカロナールを飲んでみる。ロキソニンは耐性がついてるのか、全く効かない気がした。それに反し、カロナールは効いた。尿管も外されているので、恐る恐るトイレへ向かう練習を看護師と一緒に頑張ってみる。


                  たった数日寝込んだだけなのに足に力が入らなかったが、尿管だけは嫌だったので頑張って、頑張って歩く。クロマニヨン人のようだが、頑張っていればいつか人間のように歩けると信じ。



                  夜は素直に眠れた気がする。




                  そして今朝は食事も普通に摂ることができた。完食とはいかないが、主食以外は完食できたのだから。





                  シャンが置いていたお菓子が食欲増進を手伝った。







                  肝心のメンタルだが、今のところ喪失感は自分の中にない。


                  それどころか、ホッとしている。


                  もう二度とあの鈍い痛みを毎日感じなくても済むと思えば気持ちが上がる。そのぐらいこの一年は試練の年だった。



                  だからといって来るべくして来た手術だったので早いも遅いもない。卵巣は二つ残してあるので閉経する予定の年齢まで排卵はあり続けるだろう。ただし、当然だが子宮がないので生理はもう来ない。お腹の中で卵子は白血球に食べられるのだ。そんな説明も医師から受けた。



                  一か月間は重いものは持ってはいけませんとだけ再三言われた。職場復帰してもそれだけは気をつけてくださいと言われている。腹圧はかけるなということだな。絶対に守ろうと心に誓う。


                  おへその傷は縫ってあるのでシャワー後は指定された軟膏をしばらく塗ることになる。


                  現在のワシのシモは。。。。まるで。。。。ごま塩アザラシのような草原だ。これが許せないがワックスする元気もなく、このまま放置プレイとなる。

                  性生活は半年間禁止ということ。正直、結構な期間してはいけないんだなと思った。開腹術ならもっと早かったと思ったがデリケートな手術もしているのでこれも堅く守ろうと思っている。



                  思いついた事を取りまとめているだけなので乱文は病人ということでご容赦いただきたい。
                  2016.06.15 Wednesday

                  入院生活【3日目&4日目手術日、回復室】

                  0


                    無事に生還した。

                    今日は全ての管という管が外されてスッキリした。シャワーも浴びて気持ち良い。

                    終わった後は興奮状態だったのか回復室へ移動するまえに看護師から起こされたけどそこから眠れず、休みたいけど休めない苦しい状態を夜中に訴え、眠れるように点滴に入れてもらう。



                    肝心のブツは驚きの1260グラムという、とんでもない巨大筋腫だった。


                    こんなのお腹に格納して、あるいてたんやな…


                    写真については帰ってから載せる方向で検討しています。見たくない人も当然いるので工夫したいと思っています。



                    取り敢えず、報告まで。
                    今日も生涯の一日なり
                    1234567
                    891011121314
                    15161718192021
                    22232425262728
                    293031    
                    << October 2017 >>
                    管理人って?(たまに更新)
                    カテゴリ
                    アテにならん、ユル〜い温度計
                    にほんブログ村 釣りブログへ
                    にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
                    にほんブログ村
                    リンク
                    いつも、ありがとう
                    光陰矢のごとし
                    最近のツッコミ
                    .
                    .
                    CURRENT MOON


                    ワシの備忘録を検索
                    Others
                    Mobile
                    qrcode
                    Powered by
                    30days Album
                    無料ブログ作成サービス JUGEM